無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

 

僕はネットビジネスで稼ぎながら俳優活動を並行している人間ですが、自分にとって理想のような今の生活を実現するまでにはそれなりの勉強を重ねて来ました。

その中で非常に重視している仕事の作業効率や人体の機能性を高める色々な方法をブログ記事にて毎回ご紹介しています。

作業効率や体の機能性が向上すると人生が本当に良くなるし、健康になるだけでなく稼ぎやすい体質や思考にまでなってしまいます。

 

そんな中で今回ご紹介するのは「有名になりたい人は優先順位を決めて行動するべき3つの理由!」についてです。

 

「有名になりたい!」

そう考える人は沢山いるでしょう。

有名になった場合、得られる対価だって色々あります。

 

知名度やお金や発言力や発信力、他人からの尊敬や羨望など、有名人になれば手に入るものは沢山あります。

 

でも有名になりたいと考える人は沢山いても実際に有名になっていくことが出来る人は非常に限られています。

 

今回の記事は有名になりたいと思う人が有名になっていく為に必要となる優先順位の付け方について考えていきたいと思います。

 

どうして有名になりたいと思う人が優先順位を決めた方がいいのか?

まず大前提として有名になりたいと考える人は自分の行動や選択に対して優先順位をつけて遵守することが有名への近道となるでしょう。

 

当たり前のことですが大半の一般人にとって「有名になる」ということは非常に難しいチャレンジと言えます。

世の中の大多数の人は生涯のうちで有名になることが出来ずに人生を終わらせる確率の方が高いのです。

 

ですが有名になりたいと考える人の割合は少なくありませんし、あなたがもし有名になりたいと考えるのならばそういった競合達とも競い合っていかなければなりません。

その上、人間には誰しも時間が限られているのでダラダラとやっていては「有名になる」という高い目標はなかなか達成出来るものではありません。

 

その為、あなたの行動や選択に無駄が生じてしまわないよう最適化したアクションを実行出来るようにしていく必要があるのです。

その為には生活や学習の方法など、あらゆる物事に優先順位を最初に設定しておくと効率性が上がり、目標に近付きやすくなるのです。

 

有名になるという抽象的な状態を可視化させる作業の必要性

もしあなたの目標が「有名になりたい」という場合、少し抽象的過ぎるので目標をより具体的に変えて再度目標設定をやり直した方がいいでしょう。

 

例えば、

 

・どういった世界でどのような形で有名になりたいのか?
・あなたにとって有名の定義とは?
具体的にはどんなことを達成したら目標を達成したと実感出来るのか?
・いつまでに目標を叶えたいのか?
・有名になる為には今の自分に何が足りないのか?
どのような取り組みが必要なのか?

 

上記のような項目を以下のように置き換えて可視化出来る目標へと落とし込みをしてみます。

 

・芸能人(シンガーソングライター)として有名になる
・オリコントップ10入りを3曲以上達成&実現させる実力と知名度を身につける
20〜40代の男女における知名度の獲得を50%以上に設定する
・東京ドームで単独コンサートを毎年開けるようなアーティストになること。また、海外からもオファーを受ける立場を確立しているアーティストであること。CDアルバムセールス年間30万枚を目標!
・ 5年以内に実現させる
・ボーカル力やギターの実力がプロのレベルに達していないので、トレーニングが必要。
・作詞、作曲を200曲以上ストックする
・年間50本のライブ活動及びSNSを使って広報活動。
インスタやツイッターのフォロワーを100万人にまで増やしていく。

 

「有名になる」と一言で言っても具体的なゴールがなければそこに向かってなかなか突き進んでいけないものです。

その為、目標を細分化し、具体性を持たせることは非常に大事になります。

 

目標が具体的であればあるほど「どのくらいのペースでどのくらいの作業量をどのように取り組んでいくべきか?」というアプローチ方法も見えやすくなります。

 

以下のように目標を5年という期間内に達成する為に必要な毎日の実作業を今度は具体化させます。

 

・毎日2時間showroomと17liveで歌などパフォーマンス主体の生配信をする

ツイッターやインスタグラム、ブログなどにファンを誘導してフォロワーの獲得と増加を狙う、同時にライブの告知なども行い、ライブを訪れるファンを増やす。
(1ヶ月につき平均〜人のフォロワー数を目標にするなど具体的な数字があるとベスト)

 

例えばこれらの方法が最も優先度が高い毎日の作業だと仮定した場合、これらの作業は他のどのような作業を行っていくよりも優先的に実行していくと決めて行動するようにします。

 

何故ならばシンガーソングライターとして5年以内に上記目標を達成させようと考えた場合、他にもやらなければならない作業は山のようにある為、あれもこれもとやっていたのではあっという間に時間がなくなってしまい、結果何をやっても中途半端という状態を招きかねないからです。

 

具体的には

歌やギターの練習
作詞、作曲をする
生活の為にアルバイトをする

などといった時間も必要になるはずです。

 

当然これらの作業はどれも大事なのですが、全てを均一に取り掛かろうとした場合、作業量が多過ぎて時間や神経、体力が分散してしまい、効率性を低める為に目標へ届きにくくなってしまいます。

 

①ライブ配信やSNSでの広報活動
②歌やギターの練習
③作詞作曲

 

などと自分の優先順位をあらかじめ決めておくのが理想的と言えます。

成功できない人が間違えている目標設定の基準!失敗の落とし穴

 

どのように自分の優先順位を設定するのか?と考えてみること自体が非常に重要

当然のことですが、優先順位の付け方は人によってそれぞれ全く異なるでしょう。

 

上記のような作業の優先順位を付けた方の場合、すでに音楽的な下地がある程度固まっていると考えられます。

その為、ギターや歌の練習よりも広報活動となるインターネットを駆使した生配信やSNSでの活動の優先順位が高いわけです。

 

インプットへの作業時間よりもアウトプットを優先している時期にあると言えます。

 

これが初心者などの全く基礎が固まっていない人だとすれば、当然優先順位の付け方は異なり、まずは音楽にとって必要なスキルを最低限身につけなければいけなくなるので、歌や楽器の練習に最も多くの時間を費やしてみるべきでしょう。

 

このように状況や立場が変われば優先順位の付け方は人それぞれ変わってくるものだし、優先順位の付け方にはもう1つ重要な意味が含まれています。

 

それは「何故そのような優先順位を付けていくのか?」と自分自身で思考し、腑に落とす作業が含まれるという点です。

 

人間は自分の腑に落とせないことに対してなかなか実行出来ません。

腑に落とせないまま作業をすると「この作業って意味ないんじゃないかな?」、「俺、効率悪いことやってないかな?」などと疑心暗鬼になってしまい、成果が出ないとすぐに放り投げてしまいたい心境に陥ってしまうものです。

 

だから自分自身で「これは絶対に必要な作業であり、何より重要な作業なのだ」と理解して、優先順位を付けることが大事なのです。

 

今回の例に挙げているshowroomや17liveを中心にした活動方針というのも、短期間でより多くの人に自分を知ってもらう手段として使えるツールの一つです。

 

現在はインターネットを使わないプロモーションは自分で自分の首を絞めているようなものだし、有名になりたい人がアナログだけで攻めていくことを考えるのは有名になる方法を放棄しているようなものです。

 

まずは世の中に対して自分という商品を認知してもらい、その商品を棚に並べなければならないのです。

(稼げない芸能人は商品棚へ納品するコンテンツを考えるべき理由の記事参照。)

 

「showroomや17liveを試してみたけれど上手くいかないから今度はYouTubeを試してみよう!」などといった形にコロコロとやり方を変えていては成果になかなかたどり着けないということです。

 

showroomで結果を出せない人は恐らくYouTubeをやっても結果を出せないでしょう。

 

手段(戦術)というものはたくさんあるものですが、その手段の選択肢が多過ぎることが自分の足を引っ張ってしまうこともあるものです。

showroomがダメならば次はYouTube!といった具合にです。

 

それならばある程度期間を事前に決めて、「半年以内にフォロワー1000人増えない場合は違う手法を試してみよう」などと、事前に自分との約束事を決めておくやり方をオススメします。

 

そうやって半年以内に目標を達成する為の試行錯誤を積み重ねてみる方が少なからず結果に繋がるはずです。

もし全く成果が出ないならばプランが間違っているか、努力が足りないかのどちらである可能性が高いのです。

 

優先順位をあらかじめ決めておく必要があるのには、最初に目標設定をすることでごちゃごちゃ悩む時間や神経のすり減らしをなくすことへ繋げていく意味があるほか、自分の頭の中で様々な問題を整理整頓させていけるようになるという利点もあるからなのです。

 

そして、「何故このような優先順位をつけたのか?」と優先順位をつける過程で思考を自分なりに重ねて「現在の状況と目標との距離感の把握」、「その目標を叶える為にはどのようなスピード感でどのような取り組みが必要か?」などと目的や問題点を明確化させることにこそ真の意味があるのです。

仕事や恋愛、人生が上手くいかない人は脳を書き換えなければ成功出来ない理由

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

有名になりたい!と思っている人は多いですが、実際に有名になる為に必要な思考や取り組みを実践出来ている人というのは案外少ないものです。

 

だからこそ物事に優先順位をつけて、思考と行動を繰り返す癖を身につける!

たったこれだけのことで、この習慣を持っていないライバル達にはるかに差をつけることが可能になります。

 

また、自分の優先順位を知っている人は、漠然と努力をしてなかなか成果に変わらないといった状況を防いでいけるようになるし、成果が出ないことで落ち込んでやる気やモチベーションが維持出来なくなってしまうなどという事態も起きにくくなります。

 

本気で有名になりたい!という強い思いがある人ほど、是非作業効率を高める「優先順位の付け方」を意識してみてください。

売れないタレントが個人でも稼ぐ力を磨く術

 

 

この記事を最後までご覧頂いたことに深い感謝を込めて!

タッキー

 

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう