今回の記事はかなりニッチな内容となります。

それは現在売れていない芸能人がブログやメルマガアフィリエイトをする場合、
顔出しした方がいいのか?
はたまた顔出ししない方がいいのか?
について個人的な見解をお伝えする内容となるからです。

この視点からアフィリエイトに関する情報を発信している人などほぼほぼ皆無じゃないでしょうか?

何故ならネットビジネスに本当の意味で精通している芸能人などかなり限定的だからです。
ワードプレスで自分のオリジナルブログやサイトを構築してまでネットビジネスの仕組みを構築化している!
という人材に至ってはかなり少数なのではないでしょうか?

加えて世の中にアフィリエイターは数多く存在すれど
芸能界の内情に詳しく、
芸能人やタレント目線でタレントならではの悩みや苦悩を理解しながら
様々なアフィリエイトに関する見解を伝えられる人間は絶滅危惧種なみに少ないでしょう。

だから、僕のように芸能界に属しながらアフィリエイトをやって
実際に稼いでいる人間にしか書けない情報を今回は発信
したいと思います。

少し話が脱線しますが、
今回の記事は、
あなただけのオリジナリティを見つけろ!あなたはすでに手に入れているかもしれないで書いた100万分の一のオリジナリティという
視点を取り入れた具体例となる記事と言えます。

そういった視点でもこの記事をご参考にして頂けたら嬉しく思います。

有名芸能人のアフィリエイトのやり方と無名芸能人のアフィリエイトは異なると理解する

売れていない芸能人がアフィリエイトをブログやメルマガ、SNSなど
何かしらの媒体でスタートさせようと考えることに対して先に個人的見解をお伝えさせて頂くと
僕は絶対にやるべきだ!
と考えています。

そして、すでにテレビなどで有名になっている有名芸能人の行っているブログアフィリエイトとは
若干分け隔てて考えてみる必要がある
と考えます。

例えば元モーニング娘。の辻希美さんや人気の芸能人は
そのほとんどがアメブロでブログを掲載していますね?

辻希美さんの場合、
アドセンスなどのアフィリ収入が毎月500万円超と伝えられています。

ブログアフィリエイトの収入だけでそれだけ稼ぎがあるなんて凄いですよね。

当然有名人ならば誰もがブログアフィリエイトでこのような稼ぎをあげられるわけではなく、
辻希美さんのようなケースは
ブログの閲覧者や閲覧数が多いからこそ効果を発揮出来る稼ぎ方と言えます。

その意味で辻希美さんのブログの集客力は圧倒的であるということです。

辻希美さん以外でも
知名度の高さを活かしてブログで活躍しているタレントさんは数多くいますね。
木下優樹菜さんや小倉優子さんなどもそうでしょう。

こういった方々がアフィリエイトで稼げるのは明白です。
知名度が高いから沢山の人がブログ記事を閲覧する為です。

なので今後芸能界で売れていきたいからこそ
現在は日々歯をくいしばりながらアルバイトを頑張って
芝居や音楽などの分野で努力を重ねている事務所所属者や
芸能活動を行っている方々は
辻希美さん達のようなアフィリエイトのやり方が確実に現時点では真似出来ないと言えます。

有名なタレントさん達のように日々の日記ブログを書くだけで
毎月数百万円も稼げるようになりたいのならば、
ネットビジネスを頑張るのではなく、
本業のタレント活動において有名になるほか、手段はないのです。

でもそれが出来ずにいるからもどかしいのだ!という方は大勢いるでしょう。

そこで、今現在まだ有名でない俳優やタレントさん達が
どうやったらアフィリエイトで結果を残していけるのか?をお話しすると、
無名でもブログやメルマガなどに集客出来るような施策を取ることしか方法はないのです。

その具体的な方法というのは間違えてない?ブログアフィリエイトのテーマ決め
などの記事で紹介しているようなやり方ということになります。

そして、
いわゆる芸能人の日記ブログではない
世の中の誰かの悩みを解決してあげられるような方向性の
付加価値提供型のブログ構築をする際に
実は現在芸能活動をしているからこその悩みがいくつか発生してくるはずです。

次のコーナーでそれを一つずつ見ていきましょう。

権利問題はどうなっていますか?

芸能活動を行っている人がアフィリエイトを始める際、必ず確認をした方がいい点。
そして考えた方がいい項目があります。
それが以下の2点です。

①あなたとプロダクションとの契約や権利関係がどのようになっているのか?


②あなたのタレントとしてのブランディングにアフィリエイトを行うメリットとデメリットのどちらが高いのか?

留意点その1!芸能事務所に契約している場合

まず①ですが、
あなたがもし芸能事務所と現在契約している場合は状況によってはそもそもブログで自由にアフィリエイト出来ない可能性がありますね?

当然のことながらプロダクションとの契約項目に
アフィリエイトでの収益の分配が明記されている可能性があるからです。

あなたが給料制であればそもそもアフィリエイトの権利すらもらえない可能性が高いでしょうし、
もしインセンティブが入る契約が交わされていても
アフィリエイトからの収益の多くは会社に入る仕組みになっているでしょう。

また、完全歩合制の契約を交わしている場合でも
アフィリエイトの収益の〜%は事務所に入る仕組みになっている場合がほとんどでしょうし
これはプロダクションとマネジメント契約を結んでいる以上は当然のことなので
収益の100%が自分に入ることはありません。

例えば僕が以前所属していたプロダクションに所属している有名人の中には
アメブロアフィリエイトでかなり収益を上げている人がいましたが
その方のアフィリエイト収益の20%は事務所に入る契約が交わされていると
社長から聞いたことがあります。

タレントの契約内容は同じプロダクションであったとしても、
タレント個々において条件が異なる場合があるほか、
各プロダクションによっても当然歩合率が異なるので
ブログアフィリエイトの歩合率がタレントと事務所間で
「80%×20%」
という数値が高いか低いのかの基準は分かりません。

今回対象に話している芸能人の方のテレビなどにおける歩合率は、
芸能界全体を見渡してみた際に
比較的高い条件であることを考えると
アフィリエイトの収益分配率の80%をタレントが入手出来るという条件は総体的に見た場合、
恐らくタレントにとって比較的良心的な歩合率であると推測します。
(芸能活動全般におけるマネジメント契約の歩合率は
僕の以前の事務所ではアフィリエイトと異なる体系が組まれていました。)

芸能事務所と契約状態にあるタレントにとっては
そもそもアフィリエイトをするならば
その判断は事務所に委ねないと自分の自由にはやれない可能性が高いということですね。

仮に契約書にアフィリエイトのことが明記されていない場合でも
無断でアフィリエイトを始めるのは事務所とのトラブルの元となりかねませんね。

ですので、契約がある場合は顏出ししてのアフィリエイトを個人的にはオススメしません。
事務所の許可なく顏出しをしてアフィリエイトを始めた場合、
トラブルが万が一起こっても自己責任と知りましょう。
(顏出ししない見解に関しては後述します。)

留意点その2!所属はしているものの芸能事務所と契約していない場合

また、芸能事務所と正式な契約書は交わしていないけれども
事務所側とタレント側の双方の信頼のもと
所属タレントとしてプロダクションに扱ってもらっている!

そのような立場にあるタレントさんも芸能界には大勢いることと思います。

一般社会では今時考えにくいですが
芸能界はいまだに契約が書面で交わされていないケースがある!
などといったことは割りと日常茶飯事です。

このようなケースの所属タレントの場合、
給料制で採用されている方は皆無に等しいでしょうし、
ほぼ例外なく歩合制であるかと思います。

そして互いの同意のもと、
例えばテレビ出演などに伴うタレントの出演料におけるマネジメント料を50×50%で分ける。
などといった取り決めが口頭約束で交わされていると思います。

この時留意しておいた方がいいのはほとんどの人の場合
「あなたの全ての芸能活動に纏わる仕事は会社と折半なんだからね、分かった?」
といったような非常に曖昧な条件で会社との契約に同意してしまっているタレントが多いということです。

「芸能活動全般」などと一言で言っても
その意味が指し示す分野は実際はかなり多範囲に及びます。

本来であれば、

「テレビ、映画、ラジオ、イベント、音楽活動、コンサート、YouTube、インターネット番組、DVDなどメディアへの出演料及びグッズ、音楽や映像など著作物の管理など」

といった具合に書面に契約条件を明記する必要があるのでしょうが、
実際はこのあたりの条件が曖昧になってしまっている!
といった方がかなり存在していると思います。

タレントにとっては事務所に所属出来るだけでもありがたいと考える人も少なくないことから
あまり事務所にワガママ言えない!などという心理が働き、
結果的に事務所が提示する曖昧な条件を深く考えずに承諾している!
というケースが比較的多いかもしれません。

または、契約や社会の仕組みをよく理解していない為
そもそも契約の内容に深く疑問を持たないで
口頭契約を結んでいるなどという純粋過ぎる方もいるかもしれません。
近年時代の変化と共に
テレビだけでなく、ネットビジネスも芸能人にとって大きな収入源になっていることや
働き方そのものが変化して来たことで
実は事務所の影響力があまり介在しないビジネスの分野においても
事務所側に権利を主張されてしまったり、権利を吸い取られる形になってしまっている!
といったタレントさんは案外少なくありません。

それって皆さん
自分の生活の為に皆さんがしているアルバイト(例えば居酒屋)の給料を
事務所に取り分を請求されるようなものですよ。
(さすがにバイト代の〜%をよこせ!などと主張する横暴な事務所は存在しないと思いますが。)

これって実はアフィリエイトとも直結する考え方なのです。

何故ならば無名なタレントがアフィリエイトで稼ごうと思った際、
有名なタレント達とは違って簡単には収益を上げられないのがアフィリエイトです。

自ら創意工夫してブログへの集客力を高め、
アフィリエイト商材を成約してもらう努力をしなければ
結果としてアフィリエイトで稼げないのです。

当然、そこに事務所の力や影響力はほぼ一切介在することがないでしょう。

では、もし売れない事務所所属中のタレントが一切のメディアにも出演していない、
もしくはあまり露出が出来ていない状況下で
自らの努力によりアフィリエイトで収益を上げるようになった際、
その権利は誰に帰属するのでしょうか?

事務所ですか?
タレント本人ですか?

上記の場合、メディアなどの力を借りてブログへ集客が出来るようになったわけではないのだから
本来、全てが自分の努力や実力によって稼ぎ出した利益と言えるはずです。

でも、例えばアフィリエイトで稼げるようになっている無名タレントが当初は事務所に
「これは俺自身のビジネスだから」
と自分の中で割り切って事務所に報告をしていなかったとします。

そしてある時事務所がそれに気付き、
「君、勝手にアフィリエイトやってもらっては困るよ。
アフィリエイトだって立派な芸能活動だからね。
今後はちゃんと利益を折半してもらうよ。」

などと主張して来たとします。

その時、もしあなただったらどう思うでしょう?
きっとひどく損したような嫌な気持ちになってしまうのではないでしょうか?

実はこのようなケースは
書面契約を交わしていないタレントの身の上に
実際起こり得ることと認識した方がいいでしょう。

タレントの立場からしたら
「事務所はこの件で何も手伝ってくれていないのに
金だけむしり取ろうなんてムシが良すぎる!
ふざけんなよ。」
と思ってしまう出来事ですよね?

でも事務所にも会社という立場や他のタレントとの契約における
企業にとっての不利益な前例は作れない!
などの考え方があるものです。

もし、このような事態が起こる際は
双方どちらの言い分が正しいかの判断を裁判所に委ねるしかないかもしれませんね?

これはあくまで可能性の話ではあるのですが、
今後の時代はこういった問題がいつ起こっても
実は何な不思議もありません。

大事なのは、ほとんどのタレントが契約や自分の身を守ることに対して
無頓着である!
という今の立場を認識した方がいいだろうということです。

以上の状況を踏まえ、
もしプロダクションに所属はしているものの
口頭契約しかしていないという無名タレントが
ブログなどの媒体を使って「顏出し」のアフィリエイトを考えるならば、
アフィリエイトを始める前に必ずその権利が誰に帰属するのか?
またはその際の歩合率はいくらなのか?
自分が全てのアフィリエイト収入をもらえるのか?
それとも会社にも利益を還元するべきなのか?
それらをしっかりと取り決めてください。

事務所の方針やタレントとの関係の深さなど
様々な要因により、得られる回答は千差万別かと思います。

ですがとにかく大事なのは、
最初に全ての条件をしっかりと把握出来るようにしておくという作業です。

この作業を怠ると上述したようなリスクが常に付き纏うほか、
場合によっては規約違反とされ、
事務所をクビにされたあげく訴えられてしまう!
などの危険性すらあると思ってください。

恐らくは非常に小さな可能性かもしれませんが
備えあれば憂いなしです。

トラブルの元となる権利関係は必ず最初に整理しましょう。

留意点その3!タレントが顏出ししないアフィリエイトを考える

最後の項目です。
②のアフィリエイトを行う際、
あなたのタレントとしてのブランディングとアフィリエイトとの関係性をどのように考えるか?
という視点の重要性です。

極論を言ってしまえば
顏出しブログを構築するか?
顔を露出しない匿名でのブログを構築するか?
の2択だと思います。

顏出しするアフィリエイトを狙ったブログ展開ならば、
アフィリエイトで収益を上げることを目指すだけでなく
タレント活動にもメリットをもたらせるようなブランディングに繋げなければ意味がないと思います。

何故ならば、
あなたがなりたいのはアフィリエイターではなく
タレントであるはずだからです。

あなたはお金が稼げるようになるのならばタレントをやめますか?
きっと違いますよね?

タレントで活動し続けたいけれども
今はまだタレントとして大成していないから、
その為の活動費を捻出する為にアフィリエイトを考えているわけですよね?

それならば「お金の為にアフィリエイトで稼ぐ」ことが一番の目的となったブログを構築するのではなく、
「アフィリエイトで稼げるようにする目的と同時に
タレントとしてのイメージ作りにも力を入れる」
という2つの作業を同居させたブランディングが必須となるのです。

逆を言えば、
顏出ししない匿名でのブログ構築を目指すならば
タレントとしてのブランディングに関しては一切考える必要すらないし、
むしろ切り離してブログ構築した方がいいと言えます。

そういった方は一般の顏出ししないアフィリエイターと同様、
文章力やコンテンツ力、世の中の皆さんへの価値提供に重きを置いてブログを書いていきましょう。

もちろんあなたが事務所に所属しているかいないかは別にして、
顏出ししない条件でブログアフィリエイトをやるならば
アフィリエイトの権利も全てあなたのものです。

何故ならばアフィリエイトをやる際にプロダクション側から指摘を受けるであろうポイントは
タレントとしての顔や名前、イメージなどの肖像権であるからです。

そういったものを一切使用せずに
アフィリエイトを行うのならば、
それはあなたがサイドビジネスやアルバイトを事務所とは違う領域でやっているのと全く変わりません。

ですがもしそれを事務所にあなたが明かしてしまった場合は
事務所によっては本来事務所の利益と何ら関係のないあなたが自力で稼ぎ出したアフィリエイト収益を
分配するよう迫ってくる事務所もあるかもしれません。

もちろんそのような企業は少数かもしれませんが
そのような可能性は長年芸能界に属して来た中で必ずしも
ゼロとは言い切れないと考えます。

だから僕は同じタレント側の弱い立場からアドバイスします。

顏出ししないならば名前や素性がバレるような記事は絶対に書かない上で
読者に価値提供を心掛けましょう。

そして事務所にはその事実を話す必要がありません。
法律的にも何ら問題がないことです。

実は僕もそういった形を取ってアフィリエイトをやっている一人です。

僕は自分でネットビジネスやコンサルを行う会社を持っていますが、
タレントとしてはとある事務所に所属しています。

ですがアフィリエイトをやっていることは特に事務所には話していませんし、
その代わり契約に抵触するような顏出しも名前なども出していません。

もちろん僕がブログをやっていることは誰も知らないし、僕が話さなければバレる心配もないです。(最もバレたとしても本来契約違反は一つもないのですが、お茶を濁すような真似を自ら行うのはマイナス以外の何者でもないと考えています。)

顏出ししないことにより
顏出しする方々に比べたら信用度は低くなってしまうのは理解していますが、
その分もしっかりとした価値提供を常日頃心掛けているし、
その覚悟でやっているのです。

留意点その4!顏出しブログアフィリエイトをする場合は?

では、この先は顏出しする場合の主なメリットを考えてみましょう。

①すでにあなたのファンになってくれているファンは最低限、アフィリエイトの顧客にも取り込める可能性がある。
恐らく最初の分母は小さいが、ゼロからのスタートよりは瞬発力に繋がる可能性がある。

②あなたの新たなブランディングツールとアフィリエイトを紐付け出来る可能性がある。
また、それによりブログから新たなファンの取り込みや知名度獲得、
その他あなたのタレントとしてのイメージ作りに繋がる可能性がある。

タレントとしてのブランディングに関しては大前提として
本来、所属事務所や担当マネージャーと共に考えて構築するものです。

ですからこの点に関しても事務所やマネージャーと相談しながら推し進めるのが
最も無難なやり方と言えるでしょう。

ですがタレントや事務所によっては
一部の売れっ子タレント以外のブランディングは
特に面倒を見てもらえない!
という立場にいるタレントも存在するかと思います。

そういった方は自分自身の決定や方針に
今後の自分の進むべき道を自分で作っていけるという側面もあるので
ことアフィリエイトにおいてはむしろプラスな要素も少なくないと個人的には考えます。

では上記の大前提を踏まえた上で
①と②の項目をどう考えるべきでしょうか?

それを決める前に、アフィリエイトで顏出ししながらブランディングする際の
デメリットも比較対象として見てみましょう。

①世の中のアンチアフィリエイトの人達から怪しい目で見られる可能性がある。(場合によってはタレントとしてのイメージダウン)

②特定のメーカーの商品や商材をアフィリエイトで推薦するということは、競合からのタレントとしての仕事案件を受けられなくなる可能性がある。

まず①のアンチアフィリエイトといった方々は
世の中にそれなりに存在します。

特に芸能人のブログアフィリエイトに関しては、
影響力のあるタレントさん達が自身のブログなどで
「実際は使ってもいない商品をお金の為に宣伝していた」
などと一時期騒がれることがありました。

その為、今でもタレントのアフィリエイトに関して快く思っていない!
という方々が一定数いるのも否めない事実です。

この分野においては
本当に自分が自信を持ってオススメ出来る商品だけを紹介していくことで
本当のファンからは理解してもらえると
個人的には考えますが、そうは言っても最後は結局あなたと事務所がどうこの事を考えるかでしょうね。

また、②の競合に関する問題も事務所と共に考えていくべき問題かと思います。

いっそ私は自分の薦めたい物しか紹介しない!
と割り切ってしまう考え方や勇気がある人ならば
むしろその勇気や覚悟に賛同してくれて、
「切り捨てる勇気を示しているあなたがオススメしているアフィリエイト商材なのだから
きっと本当に良いに違いない!」
と感じてくれるコアなファンを取り込んでいける可能性もあるかもしれません。

ではタレントが顏出ししながらアフィリエイトをする際のメリットとデメリットを見た上で
何が一番良いのか?

きっとその答えは人によって、もしくはあなたの置かれた環境や事務所の考え方によっても異なるでしょう。

その上で個人的見解を述べるとしたら、
もし僕ならばアフィリエイトを成り立たせる為のブログ構築において
タレントとしてのブランディングに繋がる記事の書き方や方向性が
明確に見出せるのであれば顏出しするし、
中途半端なアイディアしか浮かばなかったり、
暗中模索の中とりあえずやってみようか?
といった不明瞭なブランディングしか出来ないのであれば顏出ししない!
と考えます。

また、事務所の同意が得られない!
もしくは事務所と自分とでアフィリエイトに関する考え方に隔たりがある
といった場合も同様で、
様々なハードルがあるのならば僕は顏出ししないブログ構築を目指します。

ハードルを飛び越えるのにはきっとエネルギーもかなり使い込むだろうし、
その過程では嫌な問題だって起こるかもしれません。

それならばそのエネルギーやストレスは
顏出ししないで構築していくブログやアフィリエイトにベクトルを揃えて頑張る!
僕ならばそうすると思います。

アイドルが貧乏生活をブログに書けば極貧生活脱出出来るかもよ?

まとめ

いかがだったでしょうか?

業界の様々な慣習やタレントの立場も考えながらタレントがアフィリエイトを構築する上で
必要となって来る予備知識や考え方について
タレント目線からまとめてみました。

どのやり方を選ぶかは全て自分に委ねられていると言えます。

とは言え現実的に
今売れていないタレントがアフィリエイトで収益化を目指した際
出来得ることは非常に限定的ですし、
そこで結果を出していくのに事務所の力はほぼあてにならないでしょう。

だとしたら匿名の顏出ししないブログ構築をし
そこでアフィリエイト収益化を目指す!

万が一タレントとして大成した場合でも
匿名のままオリジナルブログは資産として運営、保有することが可能だし、
事務所と一緒にその際に構築するアフィリエイトブログはアメブロで別途もう一つ作る!

例えばこのようなやり方もあります。

ブログなど自分の手間さえ考えなければいくつ作ったって良いのです。

それぐらい自由な発想で
まずは自分自身の運命や人生を変えていくことに神経を使えばいいのではないでしょうか?

今回の記事が皆さんにとって多少なりとも役立つならば幸いです。

アイドルがグループ脱退後、女優より経営者を目指した方がいい理由

この記事を最後までご覧頂いたことに深い感謝を込めて!

タッキー

 

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう