ブログアフィリエイトは記事を書き続けなければ稼げないか?

ブログアフィリエイトを始めよう!とか
SNSなどでアフィリエイトをやってみたい!
などと考えている方の中には

「ブログアフィリエイトは記事を書き続けないと稼げない」

などと勘違いしている人がいたりします。

それは完全に労働者の価値観や考え方であると言えます。

 

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょうの記事で説明している考え方ですが
そもそも「お金を稼ぐ」という一つの行動や考え方を見ても
労働者と経営者とではまるっきり発想が違うものです。
(労働者的働き方しか知らないという経営者は除く)

労働者の価値観と発想とは?

労働者の価値観や思考は
「時給」や「給料」といった
あなたの労働した時間を会社や世の中に切り売りする対価として収入を得る!という発想です。

 

分かりやすく言い変えれば
労働者は労働をし続けることでしか基本的にお金をもらうことが出来ません。

当たり前ですが働くことをやめた時点で給料やボーナスはもらえなくなります。

そして世の中の大半の人が労働者であるのも間違いのない事実です。

 

これをブログアフィリエイトを行う際の基準に置き換えて考えてみると、
労働者として記事を書き続けることの対価として
収入を得る!という発想となるわけです。

新聞や雑誌のライターなども
記事を書くサラリーマン(労働者)と言い切れます。

 

彼らの記事が権利化、資産化され、著作権が発生する場合はもちろん条件が異なりますが
記者の書く記事の権利はそもそも新聞社などに帰属しているわけですし、
権利という価値があるかと言えば、権利化されていない仕組みが大半でしょう。

また、同様に芸能人のブログアフィリエイトを行っている方々も
ある意味では労働者と言えます。

 

自分の日常を日記のように綴っている有名芸能人のブログは
更新し続けることにこそファンへの価値を提供しているわけです。

 

つまり常にアップデートし続けていかなければ価値が下がってしまう為、
記事を量産し続けないとアフィリエイトで高額の報酬を得続けることは困難なのです。

 

日記ブログを書いている有名人はもしブログ更新をやめたとしても、その後も有名人を検索するファン自体はいるだろうし
テレビなどのメディアで活躍し続けているうちは
全く過去の記事が見られなくなるということもないでしょう。

 

ですがブログ更新が多い時期に比べてアフィリ収入は確実に減るでしょうし、
有名人のブログの場合、
アフィリエイト収入はテレビなどのメディアで活躍している副産物のような捉え方をするのが
最も客観的な捉え方と言えるでしょう。

事実、芸能人としての人気が落ちるとほとんどの芸能人のブログは見られにくくなってしまうものです。

 

有名芸能人ブログのアフィリエイトは、有名でなければ儲からないとも言えるのです。

ですから基本的には芸能人として旬な時期に労働者としてブログ記事を書くことで稼いでいる!
という労働者カテゴリーに収まるのです。

実は現在売れている芸能人もアフィリエイトを学んだ方がいい理由

 

(芸能人の中でも思想などを織り込んだ記事を書くことで新たなファンを取り込んでいる方も中にはいます。
こういった方はテレビ出演しなくなっても
離れることのないコアなブログファンを抱えている場合もあります。)

 

経営者の価値観と発想とは?

では続いて経営者の価値観や思考がどのようなものかを見ていきましょう。
経営者の発想は、

「世の中に新しい概念やサービスといった付加価値を与える対価として収入を得る」
といったものです。

 

これは労働することでお金をもらう!という発想とはまるっきり異なる概念です。

世の中の社長には、
「ウチの社長はほとんど働かない。働いているのは俺たち従業員ばっかだよ。」
などと社員に愚痴をこぼされたりしてしまう経営者もいるものですが、
実はそんなもの当たり前の話なのだと従業員側が認識しなければなりません。

 

社長は労働することで世の中に価値提供しているのではなくて
頭にいっぱい汗をかいて世の中に価値提供を生んでいるはずなのです。

 

そもそも本当に能力がない社長が経営しているのであれば会社は必ず潰れます。
会社が上手くいっていたり長年にわたって存続しているならば必ずそこには理由があるのです。

その時、社員の目から見て働いていないように見える社長は
頭の中で働いていると言えるのです。

 

逆に言えば
これは通常社長にしか出来ないことであり、
普通の従業員であれば逆立ちしても真似出来ない作業とも言えるのです。

 

例えばスティーブ・ジョブズやアップルがiPhoneを生み出したり、
グーグルが検索一つで何でも教えてくれるシステムを作ったなどもそういった例ですよね。

彼らは世の中に新しいサービスを生み出して提供する対価として、莫大な対価を得ています。

 

この時顧客はサービスの付加価値そのものにもお金を支払いますが、
実はそこには権利という考え方や価値観が付随しているケースが多々あります。

著作権や肖像権、特許などがこれにあたります。

 

ミュージシャンの作曲する音楽には著作権があるのでカラオケで歌われたり、テレビやイベントで使用される際も使用料が発生します。

 

その他映画やドラマなどのコンテンツがDVD化されたり、
再放送される際は二次使用料というものが発生します。
また、コンテンツを海外に転売するといった際も権利収益を得ることが出来ます。

 

新聞社の記者などが労働者として働く働き方に構造上なってしまっている例を上述していますが、
同じ文字を書く作業をするのだとしても
小説家や作家といったクリエイターならば
著作権という権利を持つことで、
作品がヒットした際には大きな収益を上げることが出来ます。

 

漫画家なども同様です。

そして、権利ビジネスの切符を持っている企業や個人というのは
その権利が他人に必要とされる以上、
不労所得を得続けることが理論上可能となります。

 

権利ビジネスってどう考えても魅力的ですよね?
持っているだけで人が必要とする以上は定期的に自分にお金を運んでくれるんですから。

 

物質的な例えで言えば
不動産のような価値を持っているとも例えられますね。

アパートや土地を第三者に貸し出すことで収入を得られるし、
転売することで高額の取り引きも可能です。

 

不動産ビジネスの場合は
資本がある人間でないと権利を所有出来ませんが、
著作物や特許などの権利の場合は
自分で世の中に必要とされる権利を作り出すことが出来れば、
資本がなくても生み出せると言えます。

 

ほとんどの人は
「私には世の中に自分で生み出せる権利ビジネスなんてない!」
と考えてしまいがちですが、今の時代そう安易に考えてしまうのは早すぎるし、
あまりにもったいないと言えます。

 

何故ならば
一般の素人でも実際に多くの方が稼ぐことが出来るようになった現代ならではの仕組みに
アフィリエイトというものがあるからなのです。

そしてアフィリエイトをやる時に確実に考えた方がいい問題として、
有名人ブログのようにとにかく記事を量産し続けなければならない!
働き続けることで収入を得る労働者としてのブログ構築をするか?

 

それとも、記事を放っておいても収入を生み出し続けてくれるような資産に育てていくか?
という二つの考え方の違いを知っておくことなのです。

時給2000円のバイトをやめて引きこもり生活に入った理由

資産化出来るブログ記事とはどのような記事か?

ブログ記事を書くという一つの作業を見ても、
量産し続けることでしか価値を生めない労働型の記事と、
放っておいても資産に繋がる、
いわば「権利収益」に近い性質の記事の2種類があることが分かりましたね?

では具体的にはどのような記事が資産化出来て
どのようなものが労働型の記事となるのでしょう?

 

まずは資産化出来ない記事とは?

①個人の日常を綴ったような日記記事
②時事ネタなど情報が新しいことでしか価値を生まない記事
③信憑性や信頼性に欠ける裏付けや根拠の乏しい記事
④コンテンツとしてつまらない評価を受ける記事やコンテンツ力が乏しい記事

 

①は有名人以外は誰も興味を示しませんね?
仮に示す人がいてもアフィリエイトで稼げるようになるほど
集客するのは限りなく非現実的でしょう。

 

②は例えば芸能人の不倫やスキャンダルといった時事ネタのことを指します。
こちらはSEOは稼ぎやすいのですが
情報が旬なことが鍵となる為、
長期間資産として抱えるコンテンツとしては不向きです。

 

③信頼性や信憑性がない記事は当たり前ですが評価されませんね?
多数の人が評価されるような信頼性がある情報発信が必要と言えます。

 

④コンテンツとしてつまらない!とは、
記事や文章が面白くない!とか、
ブログそのものがつまらないなど、
様々な理由から読者に「見る価値なし」と位置付けされてしまう記事です。
読者の興味や関心を引く価値を提供する必要性をしっかり考えるべきと言えます。

 

では引き続き資産化出来る記事がどのような記事かを見ていきましょう。

①コンテンツとして面白い
②読者の興味、関心に刺さっている。または悩み解決に至る可能性や価値を提供出来ている
③テーマが普遍的で時代が変わっても風化しない
④オリジナリティがあり他人が真似出来ない希少性がある

 

①はコンテンツとして魅力的かどうかということです。
好きな映画や音楽は流行が過ぎても聞きたくなるものです。
同じようにこのコンテンツは見てみたいというブログ記事が書ければ強みになります。

 

②は間違えてない?ブログアフィリエイトのテーマ決めの記事でも書いているブログテーマと連動する考え方となりますが、
読者が興味、関心を持ちやすいジャンルのテーマの中で
圧倒的に評価されるような記事を持つことが出来ればそれは非常に大きな強みと言えます。

特に読者の悩み解決に至るような貴重な情報発信やそれに伴う価値提供が出来ていれば
情報を必要とする人が現れやすいことで
資産に繋がりやすい状況を作れるでしょう。

 

③は、②の項目ともある程度連動する考え方ですが
時代が変わっても普遍性が変化しないブログテーマであることが重要となります。

人間の健康やアンチエイジング、病気やダイエット、恋愛や結婚の悩みなどなど、
これらのテーマは時代が変わっても本質的な問題は何も変わりません。

 

だからこそ誰かの悩み解決に対して価値提供を考えるブログテーマというのは
非常に大事だと言えるのです。

 

④のオリジナリティがあるというのは最強となりうるコンテンツと言えます。

誰でも少し勉強すれば書けてしまうような記事ならば
競争原理が働くことで希少性を失い情報はやがて埋もれてしまう可能性があり、
その競争の中で稼ぎ続けるのはかなり大変になるでしょう。

ですが例えば情報発信者がアフリカで滞在していて
アフリカ地域の様々なリアルな情報を発信したとします。

その情報はほぼ間違いなくその方にしか書けない記事となりうるので
情報として非常に価値があるブログと言えます。

ここにコンテンツとしての面白さなどが加わり、
沢山のファンが増えれば唯一無二のコンテンツになり得るかもしれません。

 

ビジネス用語でいうところのブルーオーシャンと言えますね。
このような希少性のあるオリジナリティ溢れるブログならば、十分資産化が可能となると言えます。

あなただけのオリジナリティで稼ぐ方法!すでに才能は眠っている!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

アフィリエイトで稼ぐと一言で言っても
労働者のように働き続けることで稼ぐやり方と
経営者の思考のように資産化させることでお金の回る仕組みを
自動化させていくようなやり方の2種類の考え方&取り組み方があるとご理解頂けたかと思います。

 

もし、あなたがアフィリエイトで稼ぎたいならば
どちらのアフィリエイトを目指しますか?

ちなみに僕がネットビジネスで会社を経営しながらも
自由な時間を作って俳優活動が出来ている!
という秘密がこの資産化という取り組みと考え方にあるんですね。

 

仕事や恋愛、人生が上手くいかない人は脳を書き換えれば成功出来ない理由の記事で伝えていることですが、
実は人間の成功は思考にこそ問題があると言えます。

僕が自殺まで考えたドン底人生から今の暮らしが出来るようになるまで
変わってこれたのも思考を決定的に変化させたからでした。

 

むしろ、思考を変えずに小手先のことだけを変えても
ほとんど結果は追いつかないでしょう。

 

手法というのは便利な道具と一緒であり、
道具を上手く使いこなせるか使いこなせないかは
結局は使う人間のスキル次第なのです。

素人が一流のバットを与えられたからと言って
プロのピッチャーからホームランは打てません。

 

道具はスペックが高いと使いやすいのは間違いありませんが、
その性能を最大限に引き出すには結局使う人間次第で大きく異なるわけです。

ビジネスで言えばそれが思考であり、
その思考を司る脳みそを書き換えなければ
いつまで経っても成功には近付けないのです。

 

是非そんなことも頭の隅に入れながら
皆さんがネットビジネスやアフィリエイトに向き合ってくれたら嬉しく思います。

記事を最後まで読んで頂いたことに感謝を込めて!

タッキー

 

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう