無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

僕はネットビジネスで稼ぎながら俳優活動を並行している人間ですが、自分にとって理想のような今の生活を実現するまでにはそれなりの勉強を重ねて来ました。

 

その中で非常に重視している仕事の作業効率や人体の機能性を高める色々な方法をブログ記事にて毎回ご紹介しています。

作業効率や体の機能性が向上すると人生が本当に良くなるし、健康になるだけでなく稼ぎやすい体質や思考にまでなってしまいます。

 

そんな中で今回ご紹介するのは「気持ちが寂しくなる時は夜に多い理由!知識で防げる予防術とは?」についてです。

 

夜になると誰かに側にいてほしかったり、電話したくなるのには理由がある?

皆さんは夜になると寂しくなって誰かに電話したくなったり、誰かに会いたくなって一人でいたくなくなることはありませんか?

昼間はそんな寂しさに襲われないという人でも夜になると急に寂しくなるということは誰にでもあることです。

 

僕の場合、昼間だと仕事以外の交友関係の人と会いたいと思うことはほぼないのですが、夜になると親しい友人を誘って無性に飲みに行きたくなったりすることがあります。

 

実は夜になると僕のように寂しくなったり、不安になったり気持ちが弱くなってしまうことには理由があります。

今回の記事ではその理由と対策を見ていきたいと思います。

 

気持ちが寂しさを感じている時、夜が多いのはこのような理由だった

昼間の明るい時間帯だと特に意識することのない孤独感や心細さが夜になると襲って来るのにはいくつかの理由があります。

それは1日の疲れが溜まっている状態だからと言えます。

 

1日働いて疲れを感じているのは体だけではなく、心も同じように疲れを感じているものです。

また、外出中は気が張っている状態ですから帰宅してホッとすると安心してそれまで張り詰めていた心や体の緊張が一気に解けることになります。

 

緊張が解けると無防備に近い状態になりますし、1日の疲れも溜まっていることも重なってネガティヴになりやすいものです。

そうなると寂しさだけでなく不安や迷い、気持ちがモヤモヤするなどといった感情が湧き起こりやすくなり、誰かに悩みを聞いてもらいたい気持ちになったり、誰かに付き添ってほしいと感じやすくなるのです。

また、夜になって暗くなると気持ちが憂鬱になったり、不安や迷いを感じやすくなるものです。

遊園地のお化け屋敷を怖がる人がお金儲けを苦手な理由の記事でも人が暗闇を怖がってしまう理由をご紹介していますので、気になる方はこちらもご覧ください。

夜の静けさや暗い環境も寂しさを誘引する原因

夜になると寂しくなるもう一つの理由に夜の静けさや暗さがあります。

人間の体は昼間のような明るい状況や喧騒の中では交感神経が活発化して身体にエンジンがかかった興奮状態になります。

 

逆に夜のように暗い環境や静けさの中では身体にブレーキをかける副交感神経の方が活発化し、身体を休める働きを促します。

当然、副交感神経が活発化するのは1日の身体の疲れを取り除く為にも必要なサイクルなのですが、休息前の心身の状態は無防備に近い状態に陥る為、気が張り詰めている日中に比べて寂しさや孤独感を感じやすくなってしまうのです。

 

また、人間は理性を持つ反面、動物としての本能的な感覚も携えた生物と言えます。

 

自然界に生きる多くの動物は外敵から身を守るのが難しくなる暗闇が広がる夜の時間帯を本能的に恐怖します。

夜に歩き回ることで外敵に襲われたり、崖から足を滑らせたりして生命の危機に陥らないよう、本能的に恐怖を感じることで危険な行動を制御する働きを促していると考えられているわけです。

動物の生きる知恵と言えます。

 

これは人間も決して例外ではなく、暗闇を人間が怖がるのは動物としての本能が感じている遺伝子レベルの恐怖と言えるようです。

 

つまり夜眠る前に不安になったり心細さや孤独感を感じてしまうのは、人間が動物的に近い感覚に戻っている状態の表れと言えるのです。

夜に寂しさを感じやすい理由にはこのような理由が隠されていたのです。

 

夜眠る前の寂しさを紛らわす方法あれこれ

夜の孤独感や寂しさを紛らわす方法は色々とありますのでいくつかご紹介しましょう。

 

①リラックスする音楽を聴く
②温かいお茶やホットココア、ホットミルクなどを飲む
③好きな香りのアロマやお香を焚く
④深呼吸しながら瞑想する(マインドフルネス)

 

①音楽を聴くと人間の脳はリラックスや癒しを感じやすいと言われています。

特に自分が好きな音楽を聴くのが心や感情にとって良いと言われていますが、就寝前は交感神経を働かせてエキサイティングな状態になってしまうと眠りにつきにくくなってしまう為、ロックなどのアップテンポで激しい曲調の音楽を聴くよりもクラシックやボサノバ、オルゴール調の曲やゆったりとしたバラードを聴いて心身を落ち着かせると副交感神経の働きを強め、心地良く眠りに入りやすくなるでしょう。

 

②温かいノンカフェインのお茶やホットココア、ホットミルクなどの飲み物は身体を落ち着かせて

休ませる働きがあります。

体が温まると眠りにもつきやすい状態になりますし、副交感神経の働きが促されて気持ちもリラックスすることが出来ます。

温かいお風呂に入って温まった後にホッと一息つきながら1日の疲れを温かい飲み物で緩和してあげるのは非常に効果的です。

 

③好きな香りのアロマやお香で嗅覚からリラックスを得るのも効果的!

好きな匂いの香りを嗅ぐことは心身の安定に繋がります。

臭い香りに嫌悪感を抱くことがある反面、人間は自分の好きな香りや良い匂いに対して安らぎや癒しを感じるものです。

優しい音楽が流れる環境でアロマやお香の香りを嗅ぐような環境を整えることも自律神経のバランスを整えるのに役立ち、癒し効果に役立ちます。

 

④深呼吸しながら瞑想する(マインドフルネス)

1日が終わる就寝前、深呼吸だけに神経を注ぐ時間を作るのは非常に有効的なリラックス効果に繋がります。

深呼吸をして大量の酸素を体に取り込むと自律神経のバランスが整って副交感神経が活発化することで血流が良くなったり、ホルモンバランスが整うなど様々な効果が期待出来ます。

仰向けの状態で膝を立ててリラックスした状態で呼吸をすることだけに神経を集中した時間を10分ほど行うと睡眠の質を引き上げ、心身のバランスを整えるのに役立ちます。

 

また、深呼吸後は目を瞑りながら瞑想(マインドフルネス)することも脳神経を刺激して効果的だと言われています。

その際、いくつかの方法があるのですが、簡単な方法としては自分で自分を褒めてみるというようなやり方が良いでしょう。

「今日も頑張って偉いね、お疲れ様。」

「あなたは優しい人だね。」

といった類の褒め言葉を自分に対してかけてあげるのです。

 

日本人は日頃なかなか誰かに褒められる機会が少ないものですが、人間は褒められるとセロトニンが分泌されることが分かっており、精神の安定に繋がります。

自分で自分を褒めたとしても同様の効果がある為、自分で自分を褒めてみることは非常に有効な自己調整術と呼べるのです。

 呼吸が浅い人は人生が上手くいかない!運気を下げる癖の改善術

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事で夜になると寂しくなる理由やその対処法がご理解頂けたのではないでしょうか?

 

人間は夜になるとそもそも寂しさや孤独を感じやすくなってしまう生き物なのです。

特に慌ただしい現代人は慢性的に体や心が疲れやすい日常に身を置いているものです。

 

孤独感や心細さ、悩みや迷いが生じやすい精神不安定に陥りやすい夜の時間帯は自分で自分の心身のバランスを上手く調整するケアを行うことが実は非常に大事なのです。

 

前日の疲れが翌日にも残ったまま仕事に打ち込まないといけない状況を送っている人は案外少なくありませんし、疲労が溜まれば病気や怪我のもとにも繋がります。

その日に溜まってしまったストレスや疲労はなるべくその日のうちに解決に導いてあげることで、翌日からの活動を心身ともに充実させて過ごしたいものですよね。

是非自分に合ったセルフケアの方法を取り入れて日々の暮らしに役立ててみてください。

不安な夜もきっと少なくなることでしょう。

また、迷いや悩みを決断できない人が持つべき力は引き算するべき理由!の記事では迷いや悩みといった優柔不断にアプローチをかける方法をご紹介していますので、こちらも是非お役立てください。

 

この記事を最後までご覧頂いたことに深い感謝を込めて!

タッキー

 

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう