無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

 

最近は「自分の好きなことを仕事に変えて生きていく」というそれぞれの人の人生にカスタマイズした生き方を提唱する声をよく聞くようになりました。

 

確かに自分の大好きなことや得意なことをそのまま仕事に変えることが出来るなら幸せな働き方と言えますよね。

そんな生き方が出来るならば働き甲斐を感じる人が増えるだろうし、生き生きした楽しい人生を過ごす人が増えて世の中は益々良くなっていきそうですね。

 

僕もネットビジネスを中心とした自分のビジネスで収益化を図りながら俳優活動を並行しているので、まさに自分の好きなことを仕事に変えることが出来ている一人です。

そういった意味で「自分の好きなことを仕事に変える」生き方を「絶対に無理」だなどとは思いません。

 

ですが好きなことを働き方に変えるにはある程度時間やコツ、それに伴った努力が必要であることだけは間違いないと言えるでしょう。

ですので、今回は自分の好きなことを仕事や働き方に変えて生きていこうと考えている人にとって参考になるいくつかのポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

幸せに生きる為の仕事選びは好きな働き方をすることだが…

好きなことを自分の仕事にして生きている人の割合は30〜50%ほどらしいです。

参考にするデータによって数値にバラつきがあるようなのであくまで目安にしか過ぎない数値かと考えますが、個人的な感覚値としては恐らくもう少し少ないのではないかと感じます。

 

いずれにしても世の中の半数以上の人は自分の好きな働き方を仕事に出来ていないと言え、「お金を稼いで生きていく為」にやりたくない仕事をやっていると言えます。

 

『大前提の考え方として、
好きなことを自分の仕事にするならば生きる為にお金を稼ぐことが必要です。
しかも短期的にではなく長期的に収益化しなければなりません。』

 

では、好きなことを仕事に選ぶことが出来ていない人はどうして好きなことを仕事に選べていないのでしょうか?

 

・就職活動で志望就職先に受からなかった
・就職をしてみたら想像していたような仕事と違った
もしくは希望の部署に配属されなかった
・好きな仕事は低所得の為、好きではないがより高所得の働き方を選んだ
・学歴、スキルや経験値など諸条件が足りない為、企業側に受け入れられなかった

 

①そもそも好きなことでは稼げないから仕事に選ぶことが出来ないパターンと
②自分のスキルや知識、経験値などの諸条件が不足することで仕事に変えられないパターンとに分けられるでしょう。

 

好きなだけでは仕事に変えていけないという厳しい現実の壁と言えますね。

 

好きなことはお金に変えられるのか?を精査する必要がある

上記2つの問題を解決しようとした場合、解決策は根本的に異なります。

 

①の場合は、「稼げない仕事を稼げる」ように変えなければ生きていくことさえ困難になります。

 

例を挙げると、コンビニの店員や飲食店のサービススタッフなどの低所得のサービス業が代表例でしょう。その他、第一線で活躍出来ないスポーツ選手や俳優、歌手、アイドルやタレント、お笑い芸人といった芸能人などもこれに該当します。

 

例えば飲食店スタッフなどのサービスを大好きな人が飲食店で働きながら稼ぎたいと考えた場合、頭打ちな収入があるので稼げる限界が最初から想定出来ます。

それでもサービス業に従事したければオーナーサイドに立ってチェーン店展開をするなど、事業として活動するしか可能性はないと言っても過言ではありません。

 

また、第一線にいないスポーツ選手や芸能人の場合、その業界で一流になることでしか基本的には所得を得ることが難しいでしょう。

スポーツ選手の場合は一流であってもマイナー競技を選んでいる場合は、サービス業の構造と同じくそもそも稼ぎにくい業界になっている為、自分自身の努力量だけでは所得を増やすことが極めて困難と言えます。

 

マーケットの構造は井戸と同じく、時代や潮流の流れの中で十分な資金が確保出来なくなり、枯れ井戸のような状態になってしまうパターンや逆に新しく掘り起こされる潤沢な資金を生み出す井戸とが存在する形に似ていて、枯れ井戸の周りからは当然村も人もお金も文化も廃れていく構造になっています。

 

好きか嫌いかという感情だけでは生存競争や原理に打ち勝つことが到底不可能なので、仕事を選ぶ場合の重要な視点として「自分が働く環境は資金が少なかったり、数年後には資金が枯れてしまう可能性がある市場なのか?」もしくは、「枯渇しようがないほど潤沢な市場なのか?」を確実に判断する必要があります。

 

また、②のスキルや知識、経験値など諸条件が足りずに好きなことを仕事に変えられていないパターンの場合、当然ですが条件に釣り合うレベルに自分を引き上げるしか方法はありません。

アスリートや音楽家、通訳、システムエンジニアや各種職人などがこれに該当します。

 

この場合は必要な技術を時間をかけて磨く以外は職業に変えられないので、努力と根気を共に維持しなければ到底達成が難しいでしょう。

①、②のいずれにしても、好きという気持ちや思いだけでは仕事に変えられないものだと言えますね。

 

好きなことを仕事に変えるヒントはある

では好きなことを仕事に変えることが出来ないのか?と言えばそうとも限りません。

例えばユーチューバーやブロガーのような存在は最たるヒントと言えます。

 

ひと昔前には考えられなかった職業ですが、現在では子供が憧れる職業にすらランクインしています。

一言でユーチューバーと言っても発信内容は様々で、ヒカキンさんやはじめしゃちょーのように面白動画を投稿する人もいれば、ゲームの実況や生活に役立つ知恵を教える人など、その活用の仕方は様々です。

ブロガーも同様で自分の好きで得意なジャンルの知識を記事にして発信することで、広告収入を得ています。

 

他にもキングコングの西野亮廣さんのように芸人でありながらクラウドファンディングに何度も成功して事業プロジェクトを生み出す人がいたり、ホームレス小谷さんのようにツイッターを使って「自分の信頼」をホームレス生活の支援に役立てて自由に生きている人だって存在します。

 

これらはインターネットの発展と共に生み出された新たな時代の働き方と言え、以前では全く考えられなかった発想の働き方と言えます。

 

「働かなくて小谷さんのようにホームレスでも自由に生きていけるなら俺だってそうしたい!」などと安易に考える人がいるかもしれませんが、それが出来るならば誰も苦労はしないのです。

そもそもホームレス生活はいつ破綻したって不思議ではないわけですから非常にリスクを抱えた生き方と言えます。

 

とてつもない覚悟や割り切り方をして生きていると言えます。

そしてそういった小谷さんの生き様に周りの人間は共感し支援しているわけで、あのような生き方は小谷さんにしか出来ない生き方とも言えます。

 

そういった姿勢や新しい発想&視点から学べることは間違いなく少なくありません。

 

少なくとも時代がどんどん変わっている中で既存の常識的な働き方とは違った全く新しい価値観の働き方を探してみる視点に「好きなことを仕事に変えて生きていくヒント」が隠されていると言えそうですね。

将来が不安!お金や貯金、仕事で悩む人はネガティヴ脳を変えないと危ない

 

好きなことを仕事に変えるには掛け算の発想が重要

ではここからは具体的にどのような考え方が「好きなことを仕事に変える」上で必要かを考えていきましょう。

 

自分が好きで得意なことを3つ掛け算して1つの仕事に落とし込むというという考え方があります。

何故3つの得意を掛け算するのが効果的なのか?という考え方ややり方に関しての詳細はあなただけのオリジナリティを見つけろ!あなたはすでに手に入れているかもしれないの記事で紹介しているのでそちらの記事を参照にして頂きたいのですが、例えば手芸と料理が得意な花屋さんがいたとして、3つの得意を1つにまとめた新しい事業を行うとしましょう。

『花屋×飲食×手芸教室
=花に囲まれた飲食空間を実現&運営し、多忙でない時間帯はお店で手芸教室を開く』

例えば元々は花屋としてのみ活用していた店舗内に飲食スペースを設けることで、「花に囲まれた素敵な飲食空間」を演出出来ます。

 

もちろん花は鑑賞用としてだけでなく販売もしますから「飲食」を目的で訪れた顧客が花を買って帰る確率も作り出せる為、集客ツールに繋げることが期待出来ます。

誕生日やお祝い用のサービスを展開すれは食事に花のプレゼントを添えたプランなども打ち出せそうです。

また、ランチとディナーの間のティータイムに閑散とする時間帯が多いようならば店舗スペースを活用した手芸教室を開催することも可能です。

 

こちらも花に囲まれた素敵な環境下で手芸が出来ることが付加価値になり生徒を集めやすいかもしれません。

時間やスペースの有効活用に繋がるだけでなく、新たな客層の取り込みも狙える相乗効果を期待出来るかもしれません。

 

これはあくまで1つのイメージやアイディアに過ぎませんが、「好きなことを仕事に変える」為には既存の常識にだけ捕らわれていては実現性が厳しいのも間違いないので、まずはこのようにアイディアベースの思考を重ねることが重要なのです。

 

例えば売れない芸能人ならば貯金や結婚もリスクヘッジに考えて!

芸能人が得意なことを掛け合わせることで仕事を増やす方法はいくらでもあります。

売れている芸能人ほどそれは簡単なのは言うまでもありません。

事実、タレントとしての知名度を使って飲食店や会社経営をして横展開ビジネスに発展させている芸能人は数多く存在します。

 

また、資本や人材を有名タレントの信用力で集めているものの、表向きはタレントがビジネスに関与していないように設計されている企業やビジネスも実在します。

他の事業を行うことでタレントとして築き上げて来たイメージやブランディングが壊れるのを防ぐ為です。

 

この考え方は僕も取り入れています。

僕の場合は無名な俳優なので有名な方々とのブランディングに対する考え方とは異なりますが、所属プロダクションとの契約問題や自身の今後のビジネス展開を広く視野に置いて検討した時に、このブログのように顔出ししない方が様々なトラブルを避け、自由なビジネスを展開出来るからです。

 

また、タレントがビジネスをやっていることを快く思わない人や純粋な思いで芸能活動を応援してくれるファンに余計な先入観を持たせてイメージダウンを与えたくないという狙いもあります。

 

売れない芸能人やこれから芸能活動を職業に選びたいと考える人ならば僕と同様に「自分の好きなことを仕事やお金に変える」発想をした時に、既存の芸能活動だけを行なっていても今後も稼げるようになる確率が低いはずです。

その理由は働きながら芸能活動をしたい人が最初に必ず考えた方がいい5つの視点でお伝えしている通りです。

 

その時に芸能活動と他のビジネスを掛け合わせる視点を取り入れて新しい自分なりのビジネスを生み出す発想は非常に重要と言えるでしょう。

 

僕のように顔出ししていなくても芸能の知識があればそれをネタに「芸能×ブログ×健康や脳科学や心理学などの知識」といった合わせ技でアフィリエイトで稼ぐ方法もあります。

皆さん、大なり小なり何かしらの特技を抱えていることが多いでしょうから、掛け算出来るものを是非探し出してみてください。

 

また、売れない芸能活動従事者の中には「芝居(歌など)さえ出来ればお金は最低限あれば大丈夫」などと考えてしまう類の人がいますが、貯金がなければ生活は破綻してしまうのだから必ずしっかり稼ぎ続けることを人生設計の考え方から排除しないでください。

むしろ全力で稼ぐ方法を考えてください。

 

そして芸能人は一般人にとっては幸せの象徴である結婚でさえリスクになるのだと忘れてはいけません。

人気商売であるがゆえに、アイドルや人気俳優が結婚を機に人気や仕事が激減するという現象は決して珍しくありません。

 

「現在売れていないから私には関係ない考え方だ!」などと考えているようならば足元を掬いかねませんよ?

そのように考えているのならば「売れる気持ちはありません」と答えているのに等しいし、ファンならば結婚をしたって祝福してくれる!などと都合の良い考え方をするのも危険と言えます。

 

事実、いつも超満員のコンサートを開いている人気アイドルやミュージカル俳優が結婚後に観客を埋められなくなるという事態はよくあることです。

 

結婚を祝福してくれるファンもいれば離れるファンもいるのが現実です。

そして芸能人はそういったファンに生かされている職業と言えます。

 

芸能人はあからさまにビジネスをやってもダメ!結婚をしてもダメ!と考えてしまう人がいる以上、結婚や貯蓄に関してもリスクヘッジを取る生き方をコーディネートするのが最も安全に「大好きな芸能活動を仕事にしながら」人生を送っていく考え方だと僕は考えます。

 

仮に売れない芸能人が僕のようにアフィリエイトで稼ぎながら芸能活動を構築しようと考えるならば、顔出しするべきかしないべきかの基準も芸能人がブログアフィリエイトを構築するならば顔出ししない方がいい?の記事で紹介しています。

 

是非参考になさってみてください。

 

まとめ

今回は幸せに生きる為の仕事選びで、もし芸能人としての働き方を考えるならばどのような考え方が必要かを考えてみました。

 

もちろん芸能活動だけで稼ぐことが出来るのならばそれは理想的と言えますが、それが現実的に実践出来るのはごく僅かな芸能人だけです。

 

その他大勢の方はしっかり生涯に渡って稼ぎ続けていけるような既存のやり方とは別の新しい稼ぎ方や生き方をいち早く模索して構築した方が人生の勝ち組になり得る可能性が高いでしょう。

 

特技を掛け合わせると簡単にまとめてしまいましたが、深掘りするならば廃れる産業を選んでも将来性がないのは目に見えているので、今後発展する産業を視野に入れる必要もあります。

 

そこには当然インターネットは外せないでしょうし、AIやロボット、宇宙産業などにもアンテナを今から張っておくぐらいの視野を持たなければ変わりゆく時代に取り残されてしまうかもしれません。

 

今後の時代、自分の可能性を広げるのも可能性を潰すのも自分次第です。

以前よりも働き方そのものの価値感や常識がすでに変わっているのです。

 

あなたはそれに柔軟に対応しますか?

それとも時代が変わる中、最後まで古い常識にしがみついて生きていきますか?

 

全ては自分次第ですよ。

 

 

この記事を最後までご覧頂いたことに深い感謝を込めて!

タッキー

 

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう