無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

僕はネットビジネスで稼ぎながら俳優活動を並行している人間ですが、自分にとって理想のような今の生活を実現するまでにはそれなりの勉強を重ねて来ました。

その中で非常に重視している仕事の作業効率や人体の機能性を高める色々な方法をブログ記事にて毎回ご紹介しています。

作業効率や体の機能性が向上すると人生が本当に良くなるし、健康になるだけでなく稼ぎやすい体質や思考にまでなってしまいます。

そんな中で今回ご紹介するのは「稼げる人と稼げない人の思考の差とは?仕組みを作る重要性」についてです。

 

稼げる人と稼げない人の思考の差は?仕組みの重要性

世の中にはお金持ちとそうでない人がいます。

同時に幸せな人と幸せを感じることが出来ずに生きている人がいます。

 

裕福な家庭に生まれた人間は良質な教育を受けたり良い環境で過ごすことが出来るほか、必要に応じて親から金銭的援助を受けることが出来たり、親が培って来た人脈やネットワークを享受出来る場合もあるし、お金を稼ぐ為に必要な思考や習慣を育つ過程で親から学ぶ場合があるかもしれません。

 

特に幼少期に親や環境から受け取ることになる体験や経験は、その人間の人格や思考を形成する上で非常に重要な役割を果たしていると考えられており、その人の人生における成功を左右するとも言われています。

(詳しくは浮気や不倫の復縁のチャンスを潰す心理とは?自分を認める重要性をどうぞ!)

 

財産と幸福感における関係性に関してもアメリカのパデュー大学の研究では、「年収1000万円前後が最も多幸感を感じる割合が高い」と発表されています。
(年収1千万円以上はお金による幸福度の感じ方に頭打ちの現象が起きます)

 

つまり、あるレベルまでのお金(年収で言えば1000万円)を稼げるようになることと幸福度指数には科学的な関連性があると裏付けられており、裕福な家庭で育った人間の方が貧しい家庭で育つ人間よりもアドバンテージがあると考えられるのです。

 

自分の親や育つ環境、またそこで受ける思考的習慣や教育は各家庭で生まれて来る子供にとって選べるものではありませんから、先天的要因によって得ることになる貧富の差は埋めることが出来ません。

 

ですが貧乏な親が貧乏な子供を作り出す本当の理由!お金のトラウマと洗脳でもお伝えしていますが、人間は必要な知識を得ることで自分の人生や生き方を変えていくことが出来る生き物です。

 

特に人間は多くの場合、幼少期に培うことになる「〜はしてはいけない!」、「〜は〜でなければいけない」といった潜在意識に刷り込んだ強烈な思い込み(リミッティング・ビリーフ)に思考や習慣を支配されていることで、新しい発想やチャレンジが出来ずにいることが往々にあるものです。

 

だからこそそういった思い込みの思考を書き換え、新しいチャレンジや可能性に対して臨機応変に対応出来るような柔軟な思考力や習慣を後天的に育てていくことが重要です。

 

そして、人生を変えたい!と願うのであれば、稼げる成功者と稼げない人との思考や習慣の差がいったいどこにあるのか?と考えてみる必要があります。

その時に目を向けるべきポイントに「仕組み化する(システム化)」という視点があるのです。

 

仕組み化する人は何故儲かる?

ビジネスで儲けようとかお金を稼ごう!と考える際、最も簡単な方法は成功者の真似をしてみるということに尽きます。

 

羽生結弦さんは幼い頃、ロシアのプルシェンコさんに憧れて真似していたと言いますし、レスリングならば吉田沙保里さんや伊調馨さんのようになりたいと考える若手は沢山いるでしょう。

野球ならば大谷翔平さんやイチローさん、サッカーならば本田圭佑さんや中田英寿さん。

 

何かのジャンルで有名になりたいとか、成功したい!と考えるならば、その道で成功している人を目標にするのはいたってシンプルな目標設定になりますし、間違いなく近道と言えます。

 

だからお金を稼ぎたい!と考えるならばビジネスで結果を出している人の思考や方法を真似してみるという視点が非常に重要になるわけです。

 

そして、ビジネスで成功している優秀な経営者は自身で作り上げる事業を必ず「仕組み化」させて継続的にお金が回る仕組みを構築しています。

 

何故仕組みがビジネスにおいて必要なのかと言うと、仕組みがあることでビジネスの再現性を引き上げることが出来ることに加え、一度フォーマットを作り上げてしまえば、余計なコストや手間、時間を省くことに繋がり、生産率やパフォーマンス力を向上させることが出来る為です。

稼ぎたいのに稼げない!アレをパワーアップしないと結局負け組

 

具体的に仕組みとはどういうもの?

一言で「仕組み」と言っても、企業や業種、世の中に溢れているサービスや物の数だけ多種多様な「仕組み」が存在しているので、一言で「仕組み」を総括することは出来ません。

 

ですが本質的なフォーマットというものはある程度決まっているものです。

 

例えば工場での生産ラインは全て仕組み化されている典型ですよね?

食品工場ならば、最初は原材料の皮剥きや洗浄などからスタートし、形を整えて、加工し、最後は綺麗に包装されるといった具合です。

 

この工程の順番が変わることは通常ありませんし、何か不備がある際は各工程ごとに細分化して、どこに問題があったかをチェックすることも出来ます。

作業が合理的であり、無駄がないのです。

 

最初に工場を建設する際は大変だったでしょうが、一度機械や人員、システムのフォーマットを配備してしまえば、あとは同じ作業を繰り返すだけで同じ品質の味や形をした食品を大量生産し続けることが可能です。

 

世界中の経営者が参考にするマクドナルドの仕組み

仕組み化と言うと世界中の企業の経営者が参考にしている仕組みを構築しているビジネスの象徴にマクドナルドのシステムが挙げられます。

 

マクドナルドの店舗で販売されているハンバーガーやポテトはアルバイトの新人が作ったとしても同じ品質で簡単に作ることが出来るようになっています。

それは商品だけに限らず、社員教育においても同じことが当てはまり、世界中のマクドナルドでは経営者が生み出した「仕組み」を用いることで商品の大量生産化、品質管理、社員教育やサービス力などの一元化を実現しています。

 

言うは易しですが、実現化することは非常に高難度です。

 

よくマクドナルドのアルバイトの時給は安いと言われることがありますが、誰でも簡単に出来る作業なわけですから安いのは当たり前のことです。

ですが仕組みを構築した経営陣は非常に大きな利益を得ているのです。

 

資本主義社会において「稼げる人と稼げない人」の差は「世の中に価値あるサービスを提供出来る人と出来ない人」の差であるという側面があります。

 

誰でも簡単に出来る作業やサービスは競争原理が働きどうしても低単価になりやすいですが、他人が真似出来ないような技術やサービスは競争相手が少ないので高単価化しやすいのです。

 

マクドナルドで言えば、誰でも簡単に出来る作業を行っているアルバイトは低収入で働くしかないが、誰もが作ることの出来ない仕組みを作った人は高い利益を得ている!と言うことです。

 

もし「私も稼げる側の人間になりたい」と考えるならば、他人が簡単に真似出来ないような仕組みを作るという発想が必要です。

知らなきゃヤバい!お金を回す人とお金に縛られる人の違い

 

アフィリエイトにおける仕組み化の思考

仕組み化の考え方はブログとメルマガを使ったアフィリエイトや自社商品の販売においても大きな効果をもたらします。

 

工場を建設して、機械を配備し、生産や販売までのルートを最初に構築するのは非常に手間や苦労がかかると想像がつくと思いますが、アフィリエイトならばインターネットでシステムを構築出来てしまうので、工場を作るような多額の資金は必要ありませんし、ほとんど初期費用がかからない環境でビジネスをスタート出来ます。

 

しかも仕組みを構築するやり方を理解しながら販売に至るまでの導線を敷いていけば、ある時期から努力が実を結んで収益化しやすくなります。

 

また、一度作り上げたコンテンツや仕組み、顧客情報は消えてしまうわけではないので、コンテンツや仕組みの数を量産すればするほど横展開のビジネスにも発展させやすいのです。

(データやサーバーが消失してしまうなどのイレギュラーは除く。大事な情報は万が一に備えてバックアップは必須です。)

 

僕の場合、このブログ以外にも複数のサイトやブログを運営していますが、一回仕組み化の方法を覚えてしまうと必要なことは外注化して他人に任せることも出来るし、そういった多馬力を活かせるようになるとビジネスの勢いは更に力を増すことになります。

 

特にアフィリエイト初心者のうちは自分自身で商品を開発したり、販売するのが簡単ではないでしょうから、すでに商品化されている他社が発明、開発している商品をアフィリエイトで紹介して利益を上げるということをオススメします。

 

そういった作業を通して「仕組み化」を実践しながら勉強することで、将来的には自社商品も開発して販売していく!

こういったやり方でアフィリエイトを使った人生設計を始めていくのは非常に合理的な考え方&挑み方だと思います。

超最強解説!人生を変えたい人はメルマガアフィリエイトで勝負

 

まとめ

仕組みを持っている人がビジネスやお金を稼ぐという点においてどれだけアドバンテージを持っているかご理解頂けたでしょうか?

 

お金がない!と安易に口にする人ほど「仕組み」という少し先の未来にフォーカスするのではなく、目の前のお金にばかりフォーカスしてしまっているものです。

そういった人は「お金を稼ごう」と考えたとしても、目先のお金のことばかりが気になってしまい、工場のスタッフやマクドナルドのアルバイトとして働いて目の前のお金を手に入れようと必死になります。

 

結果、どれだけ頑張って働いても小さなお金しか手に入らないし、人生を変える可能性がある「仕組み」についても何の知識も育てられないので、結局ずっと貧乏な労働者の生活を送らざる得ない立場にいるのです。

 

逆にお金持ちや成功者は目の前の小さなお金を稼ぐことよりも、永続的に仕組みが稼ぎ続けてくれるような大きな金脈を掘り起こそうとします。

 

短期的な目線で見たら目の前のお金をしっかりと稼いでいる労働者の方が賢い生き方をしているように見えますが、何十年も続く長い人生という尺度で物事を考えた際、どちらが合理的なのか?

それは言うまでもありません。

 

アフィリエイトで稼ぐ!ということも重要なのですが、個人的にはより重要なのは「仕組み」を覚え、構築することです。

 

仕組み化の重要性や論理が分かればいくらでも応用したビジネスに発展出来るからです。

 

アフィリエイトの素晴らしいところはほとんどリスクを抱えずに、仕組みについて勉強出来ることです。

(アフィリエイターの中には稼ぐことは出来ていても仕組みを理解出来ていない人は多いです。仕組みを用いたアフィリエイト術を学ぶことにこそ真の価値があると考えます。)

 

過去の僕のように売れないことでアルバイトをしないと生活が出来ない俳優やミュージシャン、モデル、タレント、芸人といった皆さんがもしこれからブログやYouTubeなどでアフィリエイトを始めるならば、是非「仕組み化」する!という視点を大事にしてみてください。

 

人生の成功の鍵は「仕組み化」にあると言っても過言ではありませんよ。

お金持ちになりたい人は即金性を求めない!世界の普遍的論理を学ぶ

 

記事を最後まで読んで頂いたことに感謝を込めて!

タッキー

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう