無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

 

遊園地のお化け屋敷を皆さんは好きですか?嫌いですか?

お化け屋敷を怖いと言う人もいれば全く怖くないと思う人もいると思います。

 

今回の記事は、「お化け屋敷を怖いと思う人はお金儲けが下手くそである
というテーマで綴っていきたいと思います。

 

お金儲けとお化け屋敷の関連性って何?

 

と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
この記事を読み終わる頃にはお化け屋敷の怖さの裏側を理解することがお金を生み出す思考と直結しているようのだとご理解して頂けると思います。

 

お化け屋敷が怖い理由を説明出来ますか?

お化け屋敷を怖いと思わない人というのは「どうせ人間が脅かしているのだから身の安全は守られる」
ということを論理的に知っている
人が多数でしょう。

 

逆にお化け屋敷を怖いと思っている人というのは、
お化け屋敷が人間によって演出されたものであるという理解を持ちながらも、なお怖がっている人々と言えます。

 

その恐怖を細分化すると、

・暗闇が怖い
・霊的なエネルギーが怖い
・驚かされたりビックリする仕掛けがどこに隠されているか分からないので怖い

などといったことが挙げられることと思います。

 

人間が暗闇を怖がる理由

暗闇を人間が怖がるのは動物的な本能であり、
遺伝子レベルから捉えている恐怖であると言えます。

誰でも人間は暗闇を大なり小なり怖がる習性を持っているのです。

心霊スポットと呼ばれるような真っ黒なトンネルを避けたくなる思考や夜の廃墟を怖がる理由もここに紐付きます。

 

動物が本能的に暗闇を怖がるのは生存の過程で養われたセンサーの役割と言え、
暗闇を怖がった方が暗闇で外敵に襲われたり、暗闇で転倒して怪我や命に関わる危険をおかさないようにする為に必要な知恵と言えます。

 

幽霊を怖がる理由は?

同様に霊的なエネルギーを恐れる感覚もその一因であると考えられます。

幽霊はその姿が見えないし触れません。

人間はそういったものに恐怖を抱きやすいものです。

また、現在と違って大昔はあちこちに危険がいっぱいでした。

昔は道さえも現在のように整然とされていてすっきりしているような場所ばかりではありませんでした。

視界を遮る森を歩いていれば他の動物に襲われてしまったり、ガケから足を滑らせてしまったり、
森の中で迷子になって抜け出すことが出来ず、結局命を落としてしまう!などということもあったでしょう。

 

そういった数々の危険から身を守る為にも例え目には見えないものだとしても警戒してみる五感が養われたとされ、
それらのエネルギーを霊的な心象として捉えるようになったのではないか?という説もあるのです。

 

無論、幽霊やお化けが実際に存在すると考える方もいらっしゃいますし、真実は誰にも分かりません。

一つだけはっきり言えるのは、幽霊が存在していようがいまいが少なからず「人間は幽霊が怖い」と認識しているということです。

 

人間が仕掛けている演出に恐怖する理由

人間が恐怖を演出していると理解出来たとしてもお化け屋敷を怖がる人というのは、
予期せぬ事態に対して恐怖心を膨らませているという心理が働いていると考えられます。

 

どこで何が起こるのだろう?

お化け屋敷の順路はどのようになっているのだろう?

怖いポイントはだいたいいくつぐらいあるのだろう?

いったい自分にとってどの程度怖い演出なのだろうか?それは怖すぎないだろうか?

などなど。

 

これらは見えないことや予期出来ないことへの恐怖心であると言え、
「お化け屋敷の中では怖いことが必ず起こるのだという論理的思考」と相まって生み出している自分の心や思考が生み出した恐怖と言えます。

 

 

暗闇にせよ、幽霊にせよ、人間の演出にせよ、全ての恐怖に通じる感覚は
「見えない、分からない、予期出来ない」などという未知の領域に対しての拒絶や抵抗と言えます。

 

人間はどのような人間であっても自分の常識や知識で計れないものに対しては恐怖や抵抗を感じやすい生き物なのです。

 

お化け屋敷を怖がる人間とお金儲けの思考の接点とは?

ここまで話を進めて来た中で、人間は自分が知らないことや目に見えないなど、
未知の領域に対して恐怖を抱きやすい思考が働く習性を抱えた生き物なのだと説明して来ました。

 

実はこの思考が人間の成長や成功を妨げている場合があるのです。

逆を言えば、
自分を成長させたり成功へと導くプロセスの中には、必ず「恐怖に打ち勝つ」ことが求められると言えます。

 

それがお化け屋敷を怖がる人間が金儲け出来ない理由と密接な関係にあるのです。

 

何故ならば人間が恐怖するものというのは何も命の危険に関わる問題に対してのみとは限らないからです。

 

例えば人間は未体験の出来事や挑戦に対しても恐怖をしますよね?

 

人によってその内容は異なるものの、知らない人ばかりが集まるパーティに参加をしてみることに対して拒絶や抵抗を感じる場合もあるでしょうし、
何か新しい習い事を始めてみようと考えた時にも「私に出来るかな?難しくないかな?やっぱりやめようかな?」
などと取り組む前から勝手に敷居を高くして不安を煽ってしまうケースもあるでしょう。

 

この際も「体験したことがない、どのような困難が待ち受けているのか分からない、自分は適応出来るのだろうか?」
などといった未知の領域に対して恐怖や戸惑いを脳が感じ取っている状態と言えます。

 

これはネットビジネスやアフィリエイトに対しても同じことが言えます。

「本当に稼げるのだろうか?騙されていないか?」

「私にも出来るのだろうか?怪しくないのかな?」

といった具合にです。

 

ここで言いたいのはアフィリエイトうんぬんのことではなく、「機会の損失」を生んでいるのは未知の領域に対する「恐怖心」である場合が往々にあるということなのです。

迷いや悩みを決断できない人が持つべき力は引き算するべき理由!

 

恐怖して立ち止まる人間と恐怖に打ち勝ち前に進む人間の差

やったことがない!

見たことがない。

聞いたことがない。

自分の体験や知識に情報がなかったり情報が少ない人の多くが、
自分にとって未知の領域に恐怖して足を止めてしまいます。

 

それは「機会の損失」を生んでいると言えます。

 

せっかく新しい挑戦や勉強を始めてみようと思っても、恐怖に打ち負けて「やっぱりやめよう」
と考えてしまう思考が新しく学んだり知る行動を引き止めてしまっているのです。

 

これでは人間は成長出来ないし、自分にとって安全だと感じることが出来る行動しか取れない視野の狭い自分を育ててしまいます。

 

逆に未知の領域に対してその都度恐怖に打ち勝ち、
前に進む習慣を持っている人間というのはどんどんと新しい知識やスキルを身につけ、自分の仕事や生活、人生に役立てているものです。

 

成長出来る生き方を歩んでいるのだから必然的に人生や仕事にも好影響を生み出し、
ビジネスでの成功や発展にも繋がっている人間も少なくないのです。

 

挑戦する人間がどんどん新しいスキルや知識を身につけ、チャンスに繋げていくのとは対照的に、恐怖心や迷いを感じてその都度立ち止まってしまう人間は新しい知識や情報や体験に触れる機会を拒んでしまっていると言えます。

 

これがお化け屋敷を怖がる人間が金儲け出来ない理由と言えるのです。

知らなきゃヤバい!お金を回す人とお金に縛られる人の違い

 

人間が恐怖する大きな要因に「知識不足」が考えられる

人間が恐怖を感じる物事に「未知の領域」が関連していることはすでにお分かりになったかと思います。

 

では恐怖に打ち勝つ方法はないのか?と考えた時に、実はとても簡単なアプローチ方法があるのです。

 

それは「知識」を得るということです。

 

 

 

「はー?何じゃそれは?」

などと思わないでください。

人間の脳みそというものはそういった働きをするのです。

 

例えば、お化け屋敷を嫌いな人が初めて入るというお化け屋敷を体験してみるとします。

出口を出た後に再びお化け屋敷に入るとします。

その時に恐怖は完全に払拭は出来ていなかったとしても1回目の体験時よりも恐怖は薄れているはずです。

 

同様のことを3回、4回と回数を重ねてみたとします。

 

最初のうちは怖がってお化け屋敷に入ることさえ躊躇っていた人でさえ、
恐らく5回も体験する頃には慣れて来て恐怖が薄れているでしょうし、
10回も体験する頃にはもしかしたら全く恐怖を感じなくなっているどころか、「何か飽きたよ」といった心の余裕まで生まれているかもしれません。

 

このシチュエーションは他のケースでも同様です。

 

お金持ちばかりが集まるパーティに参加出来ることになった際、
「どうせ私なんて不釣り合いだろうし緊張するから怖いな。」
と最初は考えていた人でも、複数回と回数を重ねるうちにパーティに参加する恐怖は消えているでしょう。

(パーティを楽しいと感じるかどうかは別の問題)

 

新しい習い事や挑戦に対しても全く同様で、
体験してみると案外自分が思っていたよりも上手く出来たり楽しさを感じるということだってあります。

そして知識は深まれば深まるほど、
その分野においての恐怖は感じなくなるものです。

 

英語をペラペラ話せる人は英語を話すことに何も抵抗は感じないし英語を話すことに疑問など持ちません。

 

ですが英語が出来ない人は勉強の過程で
「結局いつまで経っても私には英会話なんて身につかないんじゃないかな?」などと疑問や不安を感じるものです。

 

何が言いたいのかというと、人間は圧倒的な知識や体験を持っていることに関して自信を持っているもので、
自信がある物事に対して恐怖や疑問を感じないということです。

 

不安ばかりの思考に支配されてしまいがちな人は努力や経験不足が原因であるケースが往々にあるのです。

 

つまり、恐怖に打ち勝つには圧倒的な知識や経験に触れることと言えるのです。

将来が不安!お金や貯金、仕事で悩む人はネガティヴ脳を変えないと危ない

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

お化け屋敷を怖がる人間が金儲け出来ない!
という一見何の関連性もないように思える2つの事象ですが、実は深い繋がりがあるのです。

 

そして人間は自分の身を守ろうとする防衛本能が働くことで未知の領域に対して思考や行動を制限するよう脳が働きかけてしまう習性を誰もが持っています。

 

恐怖に打ち勝ち自分を成長させる作業は自分の成長や人生の成功を引き寄せるだけでなく、
恐怖を感じにくくなるという側面も抱えています。

 

目に見えなかったり体験したことがない未知の領域は誰でも最初怖いものです。

 

ですがその恐怖に打ち勝つ人間だけが手に出来る報酬というものは確実に存在します。

 

互いに恐怖に打ち勝てる自分を目指して引き続き頑張っていきましょう。

 

 

記事を最後まで読んで頂いたことに感謝を込めて!

タッキー

 

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう