無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

 

僕は現在でこそアフィリエイトや自分のビジネスで自立して安定的に収入を得ながら自由な生き方をしていますが、売れない俳優活動を長く続け、当時付き合っていた彼女との結婚を考えた際に長年の夢であった俳優として活躍することを諦め、サラリーマンとして働いた時期に上司のパワハラや会社や仕事の業務が嫌でめちゃくちゃ精神不安定に過ごした時期がありました。

 

毎日朝目が覚めると「これから今日も会社に仕事へ行かないといけないのか…」と本当にとても憂鬱な気持ちに襲われたものだし、精神衛生的にも肉体的にも辛くて苦しい日々を経験しています。

体も心も悲鳴を上げて「会社を辞めたい!こんな辛い思いをしてまで仕事をしたくないし、こんな生活がもしあと何十年も一生引退するまで続くのだとしたら死んでしまいたい…。」などと弱気でネガティブな発想ばかりしていました。

 

結局僕は上司のパワハラややり甲斐を見出せない仕事から逃げる形で会社を辞め、そんな時期に婚約者には浮気されて裏切られるといった状況まで重なり、真剣に自殺まで考えてしまった時期や経験もあります。

 

だからこそ僕はもし過去の僕と同じような悩みや苦しみを抱えて自分を責めてしまったり、自信をなくしていたり、将来や未来に生きる希望や生き甲斐を見出せない人がいるのだとしたら

「選択肢と主導権は常にあなたが持っているのですよ。」

ということをお伝えしたいと思います。

僕は運良くそのことに気付くことが出来たお陰で人生をやり直すことが出来ました。

 

だから考え方や気持ちを変えることで人生はいつだって自分次第で変えていけるというのをよく理解しています。

もう一度言います!

「選択肢はいつだって自分が持っているのです。そして人生は自分でいつだって変えていくことが出来ます。」

 

だから皆さんが会社や仕事が嫌で自分の命や体や心が壊れてしまいそうな状態にあるのだとしたら、一度立ち止まって深呼吸しながら呪文のように唱えてみてください。

「私の人生の選択肢と主導権は会社や上司にあるのではなく、いつだって私自身にあるのだ」と。

 

僕の過去の体験や今までの生き方が、今現在不器用に真っ直ぐ真面目に真剣に生きながらもがいてしまっている可能性のある皆さんのお役に少しでも立てるよう、具体的なアプローチ方法と共にこの先の記事を書いていこうと思います。

 

会社や仕事を辞めたい原因がもし心や体の病気にあるのならば、辞める決意も必要かもしれないとまずは今の生活を疑ってみる

・上司のパワハラやセクハラが嫌だ
・会社の業務が肉体的、精神的に辛い
・仕事にやり甲斐を感じない
・会社を辞めたいけれども転職が出来るかも分からないので泣く泣く今の会社の仕事を続けなければならない状況や心境にある
・会社の人間関係に悩んでいる
・今の会社にいても将来に希望を感じられないが、それ以上に今後の人生への不安が大きい為、会社を辞める勇気や決断を持てない
・低賃金に悩まされている
・土日休日出勤、残業や業務量が多いなど、肉体的にも精神的にも大きな負担やストレスを抱えている上にその業務体質の改善の見込みも望めない

 

例えばこのような悩みがあるとします。

そしてこういった悩みを持っている方の多くは「転職への不安」「長い人生設計においての将来やお金に対しての不安」を抱えていることが、現状を打破出来ない最も大きな要因になっている可能性があることと思います。

 

当たり前ですが人間は誰でもお金がなければ生きることも目の前の生活をすることも出来ませんから「生きる上で必要なお金を稼ぐ」為に働かなければなりません。

つまり、「お金の為に働いている」ということです。

 

辛さや苦しみ、ストレスを抱えながら毎日満員電車に揺られ、上司や顧客に叱られたり怒鳴られたりして、人によってはやり甲斐や誇りさえ持てない会社や仕事の為に人生の大半の時間と労力を命や精神を削るように働いているのは「全て会社の為ではなく、お金を稼いで生きるという自分の為」なのです。

 

会社や仕事が原因で心や体に何かしらの病気や異変、不具合を抱えているという人は、まずこのシンプルな問題に一度目を向けてみてください。

 

「嫌な思いをしてまで働いているのは会社の為ではなく実は自分のお金の為」

「何故働くのか?それはお金を稼ぐ為」

「つまり我々はお金によって働かされ、お金によって人生を左右されている」

 

お金があれば会社にも理不尽な上司や顧客や嫌な人間に対しても我慢をするだけの人生を送らずに済む選択肢の幅を確実に増やせます。

当たり前のことを言っていると思われるでしょうが、自分にとって最も深い悩みが何であるのか?それは大抵の人にとって「お金からの支配」であるということを確実に知っておいた方がいいのです。

 

何故ならばその悩みを解決することこそがあなたの心や体の病気や苦しみ、人生を変える為に最も適した処方箋になりうるかもしれないからです。

大病を患っている患者が病気の副作用として頭痛がするからと言って頭痛薬を飲んだって、体は治りませんよね?

その場合は大病の元である原因そのものを取り除かないと体は完治しないのです。

 

これが仕事に対する悩みの場合、会社や業務におけるストレス、上司のパワハラやセクハラなどはあなたにとって目の前にある悩みにしか過ぎず、実はその更に深い場所にある本質的な悩みや苦しみを生み出しているものは「お金」であると理解出来るはずです。

恐らくあなたの本当の悩みや苦しみは目の前の会社や上司ではなく、「お金の為に働いている」という現実から逃げられないでいることなのかもしれません。

知らなきゃヤバい!お金を回す人とお金に縛られる人の違い

 

あなたの悩みの元であるお金に対して一度真剣に向き合ってみる必要性

ここから先は「あなたの最大の悩みがお金である」と仮定した上で話を進めていきます。

 

では次に質問ですが、「あなたはこの先の人生でいくらの収入が必要か」を考えたことはありますか?

恐らく大半の方が漠然とぼんやり定年後の暮らしや今後病気になって働けなくなった場合のリスクなどを考えているぐらいで、紙に書いて具体的に可視化出来るようにまで人生設計を描いたことがないのではないでしょうか?

実はこの問題を真剣に考えてみるのは非常に重要な点と言えます。

 

何故ならば年金破綻の可能性もある中、今のままの暮らしではそもそも定年後に必要な貯蓄や収入が手に入らないかもしれないからです。

2030年には世界の3割の人口がAIやロボットに職を奪われる可能性も示唆され、2040年には日本の人口は9000万人を割ると伝えられています。

自分自身が望む望まないに関わらず世の中や時代はどんどん変わりますし、今のままの生活をしていたら社会で活躍出来なくなってしまう可能性だって十分にあります。

 

当然能力のない人間は今より益々淘汰されやすくなるし、賃金も上がらない可能性が高くなると考えられます。

そういった時代に入った際、あなたはあなたの暮らしや人生が明るく切り替わっていく未来を想像出来ますか?

 

そして、現在すでに目の前の会社や仕事に対して苦しんでいる生活に悩まされている方の場合、その苦しみを乗り越えて定年退職を迎えた際に「更なるお金の地獄」が待っているかもしれない!と考えたらどのような気持ちになるでしょうか?

 

正直ゾッとしますよね?

 

お金に悩まない未来の自分を想像してマインドセットする重要性

・会社や上司、お金の奴隷になるような生き方はやめる
・満員電車に乗らない
・ストレスを抱える生き方より毎日笑って過ごせる生き方を模索する
・お金の心配をしたり、お金に振り回される人生から解放された自由な生き方をする
・たまにはプチ贅沢や贅沢をして過ごす
・趣味や家族、恋人との時間をもっと大事にする
・仕事だけが人生の全てにならないような過ごし方をする
・毎日ハッピーな気持ちで笑顔で過ごす
・人から感謝されるような活動にも力を入れてみたい

 

例えばこんな生き方が実現出来るとしたらどうでしょう?

とてつもない贅沢ではなく、少し手を伸ばせば手に入るかもしれない幸せかもしれませんよね?

仮に今は夢物語のように感じるとしても、こういった楽観したポジティブイマジネーションを一度是非持ってみましょう。

 

何故ならば人間の日頃取っている行動の大半は、その人間の思考や習慣に紐付いており、そういった思考や習慣によって現在の状況は生み出されている可能性が高いからです。

そして、人間は思考によって行動や生き方を変えていくことが出来るのです。

だから「自分はダメだ」ではなく、「自分ならば出来るのだ」と自分を信じることが重要なのです。

 

ネガティブな思考はネガティブな現実となって実現しやすいし、ポジティブな思考はポジティブな結果を招きやすいという研究結果もあります。

どうせ意味がない!などと考えずに、どうせダメ元でもいいからせっかくなら自分や未来を信じる努力をしてみる!そのように考えてみても損はないのではないでしょうか?

思考に関して脳科学の見識からパフォーマンスの低下に繋がっている原因やその改善に繋がるアプローチを仕事や恋愛、人生が上手くいかない人は脳を書き換えなければ成功出来ない理由の記事にてお伝えしているので、ご興味のある方はこちらもご覧下さい。

 

雇われる側から自立する側へと生き方を模索する可能性を考えてみる

誰かに雇われる労働者である場合、当然のことながら会社に対してあなたは「時間と労働」を賃金という対価に変えて働いている立場と言えます。

会社員である場合、給料以上の所得を増やすことが現実的に難しいと言えますし、自分の自由な時間や環境を整えるというのも困難でしょう。

 

仮にポジティブ思考に切り替えて気持ちを強く持とうと試みたところで、実際に目指すべき明確なゴールや方向性が見えないならばモチベーションだってすぐに電池切れになってしまいます。

 

だからポジティブシンキングにマインドセットをすると同時に、具体的にあなたの未来や人生を変える可能性がある働き方を見つけなければなりません。

そこで僕は初期費用やリスクをほとんど負わない資産構築型ビジネスとしてアフィリエイトをオススメしています。

「時間と労働」を給料という固定給に変える労働者としての働き方と違い、アフィリエイトは自分自身で仕組みを構築し、成功したあかつきには権利ビジネスのように不労所得へと繋がる可能性を秘めた先行投資型のビジネスと言えます。

 

ただそうは言ってもアフィリエイトは誰でも簡単に結果を出せるほど甘くないのも事実です。

ですが人の人生を変えるほどの可能性を秘めたビジネスであるのは間違いありません。

 

何せ自殺まで考えた僕がアフィリエイトのお陰で立ち直り、今はある程度自由な時間や環境で仕事をしているのですから自信を持ってオススメ出来ます。

他にもせどりで転売ビジネスを始めてみる!といった方法もあるでしょうが、転売する為の商品は自分で仕入れる必要がありますし、そういった商品を大量購入するならば資金がかかる上に在庫も抱えなければなりません。

 

トレンドを追い続けるマーケティングやリサーチ力がなければ損益を出す場合もあるし、よほど優れた人でなければアフィリエイトに比べてリスクの高いビジネスだと考えます。

その点、アフィリエイトならばリスクは初期投資にかかるドメインやサーバー代の1万数千円ほどと自分の労働力のみ!となりますから初心者でも敷居が低いと言えます。

 

半年から一年ほど成果が出ないという可能性もありますが、毎日ブログを書けば半年でも相当な数のコンテンツが制作出来ます。

超がつくほどネットやパソコン音痴だったアナログ人間だった僕にでさえ、ゼロから勉強してちゃんと利益が出るまでに繋げることも出来ました。

 

やる気と根気、あとは正しい努力を重ねていけば成果を出せるビジネスだし、一度書いた記事がいつまでもネット上で自分に変わって収入を稼いでくれることだって現実的にあるのです。中長期的視点に立って取り組むのならばやらないよりは絶対にやった方がいいと断言出来るし、非常にオススメであるのは間違いありません。

ブログは書き続けるものだと思ってない?アフィリエイトは資産化こそ鍵

 

まとめ

今回はアフィリエイトの記事ではないので、アフィリエイトに対して細かく知りたいという方は本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力の記事をご覧頂きたいのですが、今回僕が何を言いたいのかをまとめると、「生きていく術やお金を稼ぐ術はいくらでもあるのですよ!」とお伝えしたいのです。

 

会社や仕事に皆さんが悲鳴を上げたり悩まされているのは事実かもしれませんし、非常に辛いことと理解出来ます。

でももしその生き方が本気で嫌ならば会社を辞めることや、次の人生を始めることが出来るよう今からでも準備をしてみるなど、新しい選択肢を自分の人生に用意してみてはどうか?と思うのです。

 

僕はその手段の1つとしてアフィリエイトをオススメしていますが、極論を言えばその手段はアフィリエイトでなくたっていいのです。

少なくとも、次の人生設計に目を向けてみた時に生きる選択肢が今の会社や仕事以外にもあるのだ!と知っているだけでも気の持ち方は全然違うはずです。

 

昔の僕のようにもし死ぬ勇気があるのならば、死ぬ気でブログを書いてみたり、1年後の自分がハッピーに過ごせるように死ぬ気で頑張ってみたっていいと思うのです。

いきなり人生を変えるのは難しいかもしれませんが、今日から人生を変えようと努力を始めれば、半年や一年後に人生は驚くほど変わっているかもしれません。

 

だから毎日に絶望しないでください。

死ぬ気でやれば、大抵のことはクリア出来るはずです。

パソコンのことをほとんど何も知らなかった僕でさえ、それなりになれました。

 

せっかく生まれてきたのだから楽しい人生になるよう何度だってやり直しましょうよ。

 

 

記事を最後まで読んで頂いたことに感謝を込めて!

タッキー

 

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力