無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

僕はネットビジネスで稼ぎながら俳優活動を並行している人間ですが、自分にとって理想のような今の生活を実現するまでにはそれなりの勉強を重ねて来ました。

その中で非常に重視している仕事の作業効率や人体の機能性を高める色々な方法をブログ記事にて毎回ご紹介しています。

作業効率や体の機能性が向上すると人生が本当に良くなるし、健康になるだけでなく稼ぎやすい体質や思考にまでなってしまいます。

そんな中で今回ご紹介するのは「アフィリエイトはチョコモナカジャンボから見習え!カキ氷とアイスの法則」についてです。

 

カキ氷とアイスの法則から考える情報発信の方向性

日頃アフィリエイトの為にブログや動画などで情報発信をしているという方は多いと思います。

そういった方々の中にはなかなか人に読まれるコンテンツを製作出来ずに困っているといった方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういった方はもしかしたら一度「記事」そのものよりも「他人の心理や思考」という視点にフォーカスを移して作業してみる必要があるかもしれません。

 

インターネット上での情報発信は対面のコミュニケーションとは異なり相手の表情も雰囲気も全く見えません。

また、読者が男性か女性のどちらなのか?

年齢はいくつぐらいなのか?

 

リアルな対面の状況下ならば相手に合わせた会話やコミュニケーションに困ることがないという方だとしても、インターネットの世界で相手の様子が全く見えなければ「自分の記事はいったいどのような人に読まれているのだろう?」ということが想像しにくいですよね?

だからこそ他人の思考や心理を常に意識したコンテンツを提供することを心掛けなければなりません。

 

そうしなければ自分ではいくら良い記事が書けたと感じるコンテンツであっても、結果として誰にも読まれることのない記事に成り果ててしまうこともあるからです。

 

例えば人間というのは天気や気温の変化によっても行動や感情を変化させる習性を持っています。

夏場の暑い時期はイライラしやすかったり、冬場の寒い時期は温かい鍋を食べたくなるなどもそういった一例です。

 

こういった人間の行動や感情を分析したデータをマーケティングに活用している企業は多数あり、コンビニやスーパーのレジ前に飴やガムなどが置かれているのも、そこに置くことが販売に繋がりやすいからと言えるし、レストランの松竹梅のメニューのうち、竹が売れやすいのにもしっかりとした裏付けがあります。

(松竹梅で選びやすいのは?オーディションにも当てはまる論理)

 

同様にカキ氷とアイスクリームの関係を見ると、30度を超えるとカキ氷が売れやすくなり、30度を下回るとアイスクリームの方が売れやすくなるといいます。

 

世の中の多くの人にとってはもしかしたらどうでも良いと感じるこれらのデータも、アイスの製造メーカーにとってみたら非常に重要なデータと言えます。

 

これをアフィリエイトの為にブログを書いているという人の視点に置き換えるならば、読まれるブログを書く為のデータを分析してみた方がいい!ということと全く同様と考えなくてはならないのです。

 

大人気のチョコモナカジャンボのパリパリ感を見習うべきコンテンツ制作の考え方

アイス業界には1000を超える商品が世の中にあるらしいのですが、その中でも10年以上に渡り度々売り上げトップを記録するモンスター商品があります。

それが森永製菓のチョコモナカジャンボというアイスです。

 

僕も大好きでよく食べるのですが、美味しさの秘密は何と言ってもパリパリとした食感にあるのでしょう。

ですがあのパリパリという食感を保つ為に様々な施策や企業努力が繰り返されていることはあまり広く知られていません。

 

パリパリという食感は鮮度が命と言われ、製造から時間が経過してしまうと食感が保てなくなってしまうようです。

チョコモナカジャンボは食感が命のアイスなので、食感が悪くなることは消費者に「美味しくない」と誤解を与えてしまうきっかけになってしまいます。

 

だから森永製菓はチョコモナカジャンボの鮮度の質を保てるように天気や湿度などの気象データを基に工場からの出荷量を状況に合わせて決定しているようです。

それもかなり緻密な計算によってです。

 

そういった分析や企業努力があるからこそ、全国の販売元へ最も鮮度の高い状態のチョコモナカジャンボを常に最適な分量だけ送ることを実現しているし、逆に供給過多になって売れ残りを作ってしまいアイスの鮮度や品質を落とすことも避けているのです。

 

熾烈なアイス業界の競争環境の中でもチョコモナカジャンボがトップを走り続けている理由は積み重ねて来たリサーチと分析努力の賜物と言えるのです。

 

人に読まれるブログを制作する為に必要な取り組みとは?

森永製菓のチョコモナカジャンボに対する取り組みからアフィリエイトのコンテンツ制作に抽出出来る情報はあるでしょうか?

 

まず、ブログコンテンツを制作する上で重要なポイントの代表格としてブログテーマの選択が挙げられます。

(ブログテーマの選択に関しては本記事では割愛しながら話を進めるので詳細情報が必要な方は間違えてない?ブログアフィリエイトのテーマ決めとコツの記事をご覧下さい。)

 

ブログテーマが定まっているという方は「自分がテーマに選んでいるカテゴリーがどのような人達に読まれることになるのか?」といった視点を必ず外してはなりません。

 

ダイエットを紹介しているブログならば痩せたい人やダイエットに関して興味・関心がある人が読者になる確率が圧倒的に多いでしょうし、アフィリエイトで稼ぐ方法について情報発信をしているブログならば、アフィリエイトで稼ぎたいと考えている方々が主な読者になるはずです。

 

逆を言えば選んだテーマの属性と関係のない記事を内部リンクして貼っていても、読者には興味を持たれない可能性があるわけです。

自分の発信している情報を見る人はどのような人だろう?という視点を持つことはとにかく重要です。

 

相手の顔が分からないインターネットの世界だとしても、「相手が何を知りたいのか?何を求めている人なのか?」といった視点を持つことで読者が求めるコンテンツ制作に役立てることが可能になります。

つまり読者の属性を自ら狙って集めることが出来るということなのです。

 

記事のタイトルは重要!

不特定多数の人に読まれる為のコンテンツを作ろうと考えた際、読者の流入は検索エンジンの検索からか、もしくはSNSによって多くがもたらされることになります。

 

SNSの場合は記事のタイトルを見た人が興味を持つかどうかというポイントが重要となります。

逆にグーグルやヤフーの検索エンジンで上位表示されやすいSEOを狙った記事はボットと呼ばれるロボットからの評価が重要となります。

 

最終的にコンテンツを読むのが人間であるという点ではどちらも一緒なのですが、SEOからの流入を図る場合は上位検索される記事であるかどうかによって閲覧率にも大きな影響が出る為、なるべくトップページに表示されやすくなるよう努力しなければなりません。

 

その時に必要になるのが狙ったキーワードで上位表示される為に必要となる

・ライバルのコンテンツの質や量に勝てそうか?

・自分が制作するコンテンツが良いか?

 

などといった考え方です。

 

興味付けは餌まき!記事内容はしっかり充実させる

SEOにせよSNSにせよ読者の流入を促す上で最初の興味付けは「タイトル」で拾わなければなりません。

記事のタイトルに読者が興味を持ってくれなかったらその記事は訪問されることも閲覧されることもないのです。

 

だからタイトルの名前は非常に重要なのです。

 

森永製菓のチョコモナカジャンボで言えば、「美味しいって噂を聞いたから今まで食べたことがなかったけど試してみよう!」と消費者に商品を手に取ってもらうのと同じことです。

興味付けという餌まきは業種や人などの垣根を超えて大事な項目だと言えます。

 

ですが、興味を持ってもらえたからといって実際にチョコモナカジャンボを消費者に食べてもらった際、鮮度が落ちていてパリパリ感が台無しになっていてシナシナだったとしたら「あれ、聞いてた話と全然違うじゃん。全く美味しくないよ。」と思われても仕方ないのです。

だから徹底的な生産システムやリサーチを維持することで品質のクオリティにも森永製菓はこだわっています。

 

この問題はブログコンテンツ制作においても全く同じことが言えます。

 

タイトルがいくら興味を引くような内容であったとしても訪問した読者に「つまらないし役に立たない記事だな」と思われてしまっては全てが台無しになってしまうのです。

 

要はタイトルは非常に大事だが、コンテンツの内容も充実していることがマストですよ!ということです。

 

まとめ

ブログコンテンツの制作には興味付けである「タイトル」と価値提供を与える「記事の内容」の両方が大事だということを森永製菓のチョコモナカジャンボの例を挙げながらご紹介させて頂きました。

 

今回、僕が最もお伝えしたかったのはコンテンツ制作の基礎知識となる上述したような考え方ではなく、チョコモナカジャンボがトップを取り続ける為に努力している企業としての姿勢や心構えの部分です。

 

タイトルやコンテンツを充実させていく作業はある程度経験を積んでいけば誰にでも簡単に出来るようになることです。

アイスの市場で言えば1000種類以上も商品が出回っている状況と同じように、インターネットの世界には優良なコンテンツを提供している人など沢山いるのです。

当然商品化して市場に出回るアイスで美味しくないアイスなどほとんどありません。

 

美味しくて当たり前なのです。

 

ですが1000種類のアイスのうち約3割は姿を消して新しい商品に変わっていくというのが現実であり、選ばれ続けるには「美味しさ+その他の何か」が求められていると考えなければならないのです。

森永製菓のチョコモナカジャンボの話にはそのヒントがあると考えてみる価値があるのです。

 

ブログコンテンツを作っている人は「良い記事を作るのは当たり前」と考える必要があるし、その上で自分なりのプラスアルファを加えてみる視点を大事にしてみて下さい。

稼ぎたい人必見の視座!自然界の食物連鎖を知れば在り方が分かる

 

この記事を最後までご覧頂いたことに深い感謝を込めて!

タッキー

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう