無名なのにしっかり稼いでる未来型俳優のタッキーです。

 

僕はネットビジネスで稼ぎながら俳優活動を並行している人間ですが、自分にとって理想のような今の生活を実現するまでにはそれなりの勉強を重ねて来ました。

その中で非常に重視している仕事の作業効率や人体の機能性を高める色々な方法をブログ記事にてご紹介しています。

作業効率や体の機能性が向上すると人生が本当に良くなるし、健康になるだけでなく稼ぎやすい体質にまでなってしまいます。

 

そんな中で今回ご紹介するのは「猫背の治し方」についてです。

 

何故猫背を治せば作業効率が上がるのか?

 

猫背には人体の機能を弱めてしまうデメリットがあまりに多いからです。

実は僕も昔からひどい猫背に悩まされて来ました。

 

それだけに猫背のデメリットをよく痛感していますし、治そうと思ってもなかなか治らない困りものだということもよく理解しています。

 

ですが、今回の記事でご紹介する方法を取り入れるようになってからは大分猫背を改善することが出来るようになりましたし、かつ正しい姿勢を覚えたことがきっかけで現在は猫背気味になってしまうと意識的に姿勢を無理なく治すことも出来るようになりました。

 

デスクワークが多くパソコンやスマートフォンを常に触っている方プレッシャーやストレスを抱えやすい生真面目な体質の人の中には特に猫背だという方が多いでしょう。

今回はそんな猫背を改善する方法についてご紹介していきたいと思います。

 

猫背とぽっこりお腹は同じ悩み!脳が記憶してしまっている

慢性的に猫背を抱えているという方のデメリットを見てみましょう。

 

・呼吸が浅くなる
・ストレートネックやぽっこりお腹、足太りの原因になる
・慢性的な頭痛、腰痛、肩凝りになる
・自律神経が乱れ精神が不安定になりやすい
・血行不良になる
・集中力が低下する
・睡眠障害を誘引する
・代謝が低下して太りやすくなる
など

 

このように外見的に猫背は姿勢が悪く見えてしまうだけではなく、体の機能性を引き下げてしまう様々な問題を誘引してしまうことが分かっています。

 

体があちこち痛かったり怠かったりすれば当然集中力は途切れやすくなりますし、浅い呼吸しか出来なくなってしまうので体にとって十分な酸素を上手く取り込めず、ボーっとしやすくなったりストレスを感じやすくなるなど、猫背で活動しているだけでどんどんと体は疲れてしまいます。

 

また、猫背の姿勢はストレートネックやぽっこりお腹、足太りとも直結する原因ですし、猫背によって代謝率が下がると脂肪が溜まりやすくなって太る原因にもなるので見た目への影響も最悪です。

 

そして厄介なことに一度猫背が定着してしまうと脳がその姿勢こそ正常な姿勢だと誤って記憶してしまい、意識的に治そうと試みても気付けばいつの間にか猫背に戻ってしまっているという悪循環を招いてしまいます。

 

猫背の人がなかなか猫背を治せない大きな要因に「自分では正しい姿勢が分からない」状態にあることが挙げられます。

 

その状態を正常に変えていくには「猫背こそが正しい姿勢」だと脳が誤認している状態を「正しい姿勢はこっちだ」という状態へと導いていくことが必要です。

脳みそに正しい姿勢を覚えさせていくアプローチをする必要があるのです。

 

正しい姿勢を覚えるには正しい骨の形をイメージに焼き付ける

人体というのは足のつま先から頭のてっぺんまで連動するように繋がっています。

その為、体のどこか一箇所に不調が出ると連動して他の部位が痛くなったり、調子が悪くなるという症状も頻繁に起こります。

 

猫背やストレートネック、巻き肩や反り腰、太ももの前側が張りやすいといった症状も実は非常に密接な関係にあります。

 

 

人間は正しい姿勢を取っている際は骨の形が緩やかなS字のような形をしていますが、猫背や反り腰の人はS字が極端にカーブする状態になっているのです。

 

正しいS字が保てている骨の状態は、仮に骨だけを積み木のように重ねていったとしても崩れることもなく頭蓋骨まで載せることが出来てしまう非常にバランスの取れた無駄のない姿勢をキープしているものです。

 

ですから正しい姿勢の人が真っ直ぐ立ったとしても体に負担がかかりにくくて疲れることもないのです。

 

人間の体は骨の周りを筋肉が支える形で成り立っている為、骨の形が乱れると周辺の筋肉が正しい姿勢を保とうと緊張して引っ張り合う習性を持っています。

 

この状態は輪ゴムに力を加えて引き伸ばしたような状態と似ていて、常に体へ力が加わった状態になっています。

当然負荷がかかった状態と言えますから肩凝りや腰痛などの体の痛みやダルさ、疲れの原因となるわけです。

 

これらの症状を改善・緩和するには筋肉同士が引っ張り合うことのないS字の骨の状態を目指さなければならず、この姿勢を見つけられないことには半永久的に肩凝りや腰痛など何かしらの痛みや不具合と付き合い続けなければならないのです。

 

ですから姿勢の改善には正しい姿勢を脳へ覚えさせるということが何よりも大事だと言えるのです。

 

猫背やぽっこりお腹、ストレートネックは一箇所だけを治そうとしない

前述したように猫背やぽっこりお腹、ストレートネックや太ももの前側の筋肉が発達する現象はそれぞれが起因する形で密接に関係しています。

 

こういった症状はどこか一箇所のみを治そうとアプローチをかけてもなかなか改善が望めないケースが多いものです。

根本改善しようと思うならば全てを治さないと治らない症状と言えるからなのです。

 

一箇所だけでも治すのが大変なのに、全部を治そうと考えるなんて気が遠くなってしまいそうですよね?

 

ですが案外そうとも言えないのです。

 

何故ならば正しい姿勢を脳に記憶させて正しい骨のS字を描けるようになっていけば自然に全ての症状が改善・緩和されることになっていくからなのです。

 

「えー!本当にそんなことあるの?」

 

といった声が聞こえて来そうですが、これは本当のことなのです。

 

例えば猫背で巻き肩になっている人が胸を張ろうと意識して極端に胸を開いた姿勢をキープした場合、今度は反り腰気味になって腰が痛くなってしまったなどという経験をお持ちの方はいませんか?

 

この症状も身体中の筋肉が連動しているから引き起こる症状と言え、無理矢理姿勢を改善しようと一箇所のみにアプローチをかけてしまうことで、その姿勢を取る為に必要な周辺の筋肉が反応して新たな痛みを引き起こしてしまっているのです。

 

要はこの場合、胸を開き過ぎてしまっていると言え、胸を開き過ぎる姿勢をキープする為に今度は反り腰の状態を生んでしまっているわけです。

 

正しい胸の開き方をする為に必要な正しい姿勢の感覚を脳みそが持っていないから引き起こる状態なわけです。

 

ですから仮に正しい姿勢の位置がどこにあるのかを脳みそが理解していれば防げる症状と言えますし、正しい姿勢を記憶していないことで改善に向かえず引き起こった症状とも言えます。

仕事や恋愛、人生が上手くいかない人は脳を書き換えなければ成功出来ない理由

 

猫背を寝て治す方法は呼吸法にあり

ではここからは改善方法をお伝えしていきます。

以下の通りの深呼吸を試してみてください。

 

①仰向けに寝る
②仰向けをキープしたまま両膝を立てる。この時、両足の裏側をしっかり着面させ、また体には一切の力を加えない。
③首の位置を調整して気道を確保する。
もし日頃ストレートネック気味で顎が上向きになってしまう人は折り畳んだタオルを後頭部の出っ張った部位あたりに敷いて高さ調整する。理想の顎の向きは地面に対して並行を保つこと。
④両手はヘソの上あたりに添えるようにそっと置く。
⑤以上の姿勢をキープしたまま深呼吸をする。
この時、呼吸は鼻を使って行い、3〜5秒ほどで吸って10〜20秒かけてゆっくり深呼吸をする。
⑥深呼吸を10分間繰り返す。深呼吸中はリラックスし、余計な力が入らないように注意する!

 

実践する作業はこれだけです。

非常に地味ですがこの姿勢で10分間深呼吸をすると体が軽くなった感覚を味わえることになります。

 

何故ならその姿勢が正しい姿勢になっているからです。

また、深呼吸をして酸素を取り込む作業をすることで自律神経の働きや血行を改善させ、スッキリした状態にもなっているはずです。

恋愛にモテたい男性は歌を習え!腹式呼吸が人生を好転させる理由の記事で別途ご紹介していますが、呼吸法を取り入れると体の機能が回復することが分かっているのです。

 

ただ、この呼吸法で身に付いた姿勢や効果は長い時間キープすることが出来ません。

整体施術を受けるのと同じで、施術後は一時的に姿勢や体調が改善しますが、習慣化してしまった体の歪みは一回で取れるものではないので定期的にアプローチしていかなければ、正しい姿勢として脳の記憶に定着していかないからです。

 

その為、毎日睡眠前に10分間の呼吸法を暮らしに取り入れることをオススメします。

姿勢の改善に役立つだけでなく、体の機能性を高め、リラックス効果をもたらすことで熟睡にも繋がり、睡眠の質を引き上げる相乗効果を期待出来るからです。

 

また、毎日取り入れることで骨のS字カーブの状態を次第にイメージしやすくなり、起きて活動している間、姿勢が悪くなっている場合はそれを自覚しやすくなったり、「体に負荷のかかりにくい正しい姿勢の位置はどこだろう?」と調整する思考に繋がっていきます。

 

呼吸法は慣れてくると呼吸中、体内の臓器の動きまで感じ取ることが出来るほど神経が敏感になって来ます。

 

その状態になってくると猫背のままではいかに呼吸を体に取り入れることが出来ていなかったのかを実感することも出来るでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

猫背を寝て治す方法はぽっこりお腹やストレートネックの改善にも繋がっていくことが分かりましたね?

 

今回ご紹介した方法は決して即効性がある方法とは言えないものの、姿勢の根本改善に向かう非常に優れた方法です。

凝り固まってしまった習慣を改善するにはどうしても時間がかかってしまうものです。

 

是非気長な気持ちで根本改善に取り組んでみてください。

呼吸法は姿勢が一気に回復することはないものの、日々の疲れを取ったり心のリラックス効果もあるので本当にオススメです。

 

呼吸法によって正しい姿勢が分かるようになって来ると体から無駄な力みや緊張も抜けた状態をキープしやすくなるので、ダイエット効果や柔軟性の向上にも役立ちます。

良いことづくめな猫背改善方法を是非お試しあれ!

食事とカロリー制限だけじゃない!ダイエットに効果的な運動とは?

 

 

この記事を最後までご覧頂いたことに深い感謝を込めて!

タッキー

 

関連記事

自殺まで考えた売れない俳優が極貧生活を脱出して大好きな芝居に没頭出来るようになった理由

本業で稼げない俳優がネットビジネスで稼ぐようになって語るネットビジネスの魅力

売れない芸能人はワードプレスブログとメルマガ設置しましょう